• TOP
  • ライフ
  • 夫が定年、二人暮らしになった妻が想定外でイラっときた洗濯

ライフ

2018.12.09 16:00  女性セブン

夫が定年、二人暮らしになった妻が想定外でイラっときた洗濯

夫への仕返しエピソード(イラスト/大窪史乃)

 夫が定年退職したことで、生活が一変し、夫婦間に亀裂が生じるケースは少なくない。55才の主婦が、夫の定年後に発生した想定外なイライラを告白する。

 * * *
 イギリスの作家オスカー・ワイルドが、「夫婦の愛情とは、お互いがすっかり鼻についてから、やっと湧き出してくるもの」なんて言葉を残しているけどね、結婚30年目を迎えた私たち夫婦は例外みたい。だって、湧き出てくるのは愚痴ばっかりだもの。

 去年、夫は定年退職し、息子2人も独立したから、うちは今、夫とふたり暮らし。

 食事を作る回数が増えるだろうなとか、年中顔を合わせて息が詰まるんだろうな、なんてことは想像していたんだけど。想定外でイラッときたのが、洗濯。これまでは、2日に1回洗濯すれば事足りていたんです。夫は出張も多かったし、ワイシャツはクリーニングに出していたから。でも今は、日中に着る服、夜の部屋着、パジャマと、おしゃれだか知らないけれど、1日に3回も着替えて洗濯機へ。おかげで、洗濯物が3倍よ!!

 それ以上に頭に来るのが、夫は脱いだ服をなぜか全部、裏返しにして出すんです。1枚1枚洗濯物をチェックして、いちいち表に戻す私の身にもなってよね!

 やめるよう注意しても、「この方が汚れが落ちる」なんてへ理屈。だったら、裏返った服は自分で戻して! 私が戻して当たり前って態度がむかつくのよね。だから私、やってやりました。夫の服は裏返しのまま洗い、そのままたんすへ。

 そうとは知らず、裏返しのままの服を着た時の、夫のギョッとした顔は痛快でしたね。もちろん、夫がきちんと表のまま洗濯物を出すまで、やめないつもりです。

※女性セブン2018年12月20日号

関連記事

トピックス