ライフ

『安倍公房とわたし』著者女優・山口果林が語る「人生の書棚」

山口果林氏は本に囲まれて育った(写真:五十嵐美弥)

 私は兜町にあった「千代田書店」という、界隈の証券会社の人にお馴染みの本屋の四女として生まれました。小学校4年生までは家と店が同じ建物だったので文字通り本に囲まれて育ち、小さい頃は、挿絵がとても可愛かった箱入りの世界児童文学全集に夢中になりました。ただ、偉人伝は好きじゃなかった。ちょっとへそ曲がりなところが私にはあって、立派すぎる人は受け付けなかったのかもしれません(笑)。押し入れを自分の部屋のように使い、そこに蛍光灯をつけて本を読んでいました。それが実に至福の時間でした。

 そのあと肺の病気が見つかり、4年生の2学期、3学期を静岡県にある養護学校の寄宿舎で過ごすのですが、寮母さんが寝る前に読んでくれた冒険小説に夢中になりました。女の子なのに自分の感性に合い、「アルセーヌ・ルパンが私の恋人」と言っていたくらいです。『鉄仮面』、『巌窟王』、『ソロモン王の洞窟』などいろいろ読みましたが、なかでも影響を受けたのが『十五少年漂流記』(新潮文庫)。冒険心を刺激され、周囲の山の中を歩き回ったりしました。この取材を受けるにあたって読み返したのですが、ある少年が、実は自分のいたずらが漂流の原因になってしまったことをみんなに告白する場面にきたら、昔と同じように泣いてしまって。この歳で泣ける自分が喜びでしたけれど(笑)。

 中学に入るとエラリー・クイーン、アガサ・クリスティなどの本格推理小説に夢中になり、高校2、3年生の頃にはサルトル、カミュなどの実存主義にハマりました。時代の空気に敏感な同級生に影響されたんですね。桐朋学園大学演劇科に進んでからは、映画でも演劇でも刺激を与えてくれそうなものは何でも観たし、文学では安部公房、三島由紀夫、大江健三郎を耽読しました。

◆やっぱり紙の本じゃなくちゃ(笑)

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン