• TOP
  • 特集
  • 『投稿写真』『スーパー写真塾』 投稿雑誌はなぜA5版?

特集

2018.12.15 15:59  週刊ポスト

『投稿写真』『スーパー写真塾』 投稿雑誌はなぜA5版?

沢木:ラジオのハガキ職人みたいに、名物投稿者もいたよね。あの人たちは今何してるんだろ。

東良:1980年代当時のエロ本は、今のネットに近いような無法地帯だったからね。僕がやりはじめたんだけど、アイドルの顔にヌードをくっつける「アイコラ(アイドルコラージュ)」も平気でやっていた。今の時代なら確実にアウト。僕の知り合いは2000年代に入ってもそれを続けていたらモーニング娘。のアイコラを派手にやりすぎて、逮捕されてました(笑い)。

【プロフィール】
◆さわき・たけひこ/1961年生まれ。AVライター。ピンク映画の助監督からライターに転身。AV初期から現在までAVに関わり続け、監督、女優などにも精通している。ピンク映画や香港映画にも造詣が深い。

◆もとはし・のぶひろ/1956年生まれ。ノンフィクション作家。バブル焼け跡派を自称し、AVから街歩きまで幅広く執筆する。著書『全裸監督村西とおる伝』(太田出版)を原作とするドラマが来年ネットフリックスで全世界配信予定。

◆とうら・みき/1958年生まれ。元『ボディプレス』(白夜書房)編集長・ライター。自らAV監督も務め、AVライターとしても長年活躍する。著書に『デリヘルドライバー』(駒草出版)、『裸のアンダーグラウンド』(三交社)など。

取材■松本祐貴

※週刊ポスト2018年12月21日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス