• TOP
  • 特集
  • 『デラべっぴん』の英知出版 全盛期の部数は月100万部超

特集

2018.12.19 15:59  週刊ポスト

『デラべっぴん』の英知出版 全盛期の部数は月100万部超

沢木:2013年には老舗の『ビデオ・ザ・ワールド』が終わります。ここにあるエロ本もほぼ休刊しています。ネットがエロ本を殺した一因はありますね。

東良:それでも僕は、本来はヌードグラビアとネットは親和性が高いはずだと思います。キレイなモデルの高精細な写真を大きい画面で見るのもいいんじゃない。エロ本的な手法や価値観をそちらで活かす余地はまだあると思います。

本橋:私にとってもエロは人間の性を探るフィールド。80年代はエロ本の時代でしたが、エロというテーマは世紀をまたいでも永遠に不滅なんですよ。

【プロフィール】
◆さわき・たけひこ/1961年生まれ。AVライター。ピンク映画の助監督からライターに転身。AV初期から現在までAVに関わり続け、監督、女優などにも精通している。ピンク映画や香港映画にも造詣が深い。

◆もとはし・のぶひろ/1956年生まれ。ノンフィクション作家。バブル焼け跡派を自称し、AVから街歩きまで幅広く執筆する。著書『全裸監督村西とおる伝』(太田出版)を原作とするドラマが来年ネットフリックスで全世界配信予定。

◆とうら・みき/1958年生まれ。元『ボディプレス』(白夜書房)編集長・ライター。自らAV監督も務め、AVライターとしても長年活躍する。著書に『デリヘルドライバー』(駒草出版)、『裸のアンダーグラウンド』(三交社)など。

取材■松本祐貴

※週刊ポスト2018年12月21日号

関連記事

トピックス