• TOP
  • コラム
  • 年金繰り上げ繰り下げで夫婦の受給額はこんなに変わる

コラム

2018.12.27 15:00  マネーポストWEB

年金繰り上げ繰り下げで夫婦の受給額はこんなに変わる

年金繰り上げ繰り下げ表

 年金は、定年後の長い生活を継続的に支える「老後の命綱」。それにもかかわらず、厚生労働省は、およそ25年後には年金受給額を約2割減らす見通しを発表している。少子化と長寿化で、現状のままでは政府は年金制度を維持していけないのだ。

 2019年は、これまで適用されなかった「マクロ経済スライド」という仕組みを発動する可能性も高い。これは、年金財政を支えるため2004年に導入された仕組みで、社会環境に合わせて物価や賃金のほか、労働力人口や平均余命なども考慮して年金受給額を自動的に調整するもの。このマクロ経済スライドが適用されれば、受給額はさらに減る見込みだ。

 悪いニュースばかりの年金制度。しかし、年金はいつからどう受け取るか、どんな制度を利用するかで、大きく姿を変える。ここでは、年金受給額を増やすために、押さえるべきポイントを紹介する。

 現在、年金は65才から受給できるが、この時期を早めたり遅らせることで受給額が大幅に変わることをご存じだろうか。「年金博士」こと、ブレインコンサルティングオフィスの北村庄吾さんが話す。

「受給開始時期を早めることを年金の『繰り上げ』、遅らせることを『繰り下げ』といいます。どちらも65才を起点に最大5年の間で選べ、その選択によって年金額が変わります」(北村さん・以下同)

 繰り上げは1か月ごとに0.5%ずつ、1年で6%減額され、繰り下げなら1か月に0.7%ずつ、1年で8.4%増額される。最大の70才まで繰り下げれば、『0.7%×12か月×5年=42%』も増える計算だ。

 繰り下げと繰り上げで、夫婦の年金額がどう変わるかを表にまとめた。夫が会社員で妻が専業主婦(平均月収35万円、38年間厚生年金を納付)の標準的な夫婦が通常通りの65才で受給を開始すると、生涯受け取れる年金額は約5424万円。これに対し、60才に繰り上げると約4622万円になるが、70才まで繰り下げると約6028万円と、通常受給より1400万円も多く受け取れる。

 長生きする人は繰り下げてゆっくり受け取ればよいが、“自分が何才まで生きるか”を予測するのは難しい。

「親族が長生き家系かどうかが大きな目安となります。その次に参考になるのが定年後の貯蓄額と働き方。夫婦が充分に暮らしていけるかを逆算し、計画的に受給開始時期を決めましょう」

※女性セブン2019年1月3・10日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス