スポーツ

山根明氏 ボクシング連盟現会長を「海賊」と呼ぶ理由

山根明氏は今も潔白を主張(共同通信社)

 大阪にある自宅でのインタビューの途中、山根明・元日本ボクシング連盟“終身”会長の携帯電話が鳴った。着信音はマフィアの抗争を描いた映画「ゴッドファーザー」のテーマ曲。アマチュアボクシング界のドンとして君臨し、黒い交際を理由に会長職を辞した男にマッチした曲とはいえ、疑惑が疑惑なだけに何かの冗談だろうかと驚かされる。

 スキャンダル禍に見舞われた2018年のスポーツ界にあって、異彩を放っていたのが山根氏である。「日本ボクシングを再興する会」の告発によって、助成金の不正分配や地方組織への過剰な接待要求、山根氏の出身母体である奈良の選手に有利な“奈良判定”など、12項目にわたる疑惑が持ち上がったのは7月のことだった。

 大騒動に発展すると、山根氏は連日、ワイドショーに出演し、元暴力団組長から脅されていると告白したり、突然、家族の名前を一人ひとり挙げたりするなど、生放送もおかまいなし。番組関係者とお茶の間を凍り付かせた。

 山根氏のメディアジャックは、完全に裏目に出たといっていいだろう。ついに8月8日には、暴力団関係者との黒い交際を認め、会長辞任にいたる。

 あれから約5か月。「日本ボクシングを再興する会」の発起人で、日本ボクシング連盟の内田貞信・現会長らを山根氏は「海賊」と表現し、疑惑の一部を除き、改めて身の潔白を主張するのだった。

「人のもんを略奪するんは、海賊や! ええですか、(日本ボクシングを再興する会によって)告発された12項目のうち、わずか1項目(アスリート助成金の不正分配)しか、第三者委員会は私の不正を認めていないんですよ。それ以外はすべてやらせ、作り話や。私は連盟を私物化しようとしたことはありません」

 ただ、話の筋は転々とする。山根氏は「これは初めて口にすること」として、自身のボクシング歴について語り始めるのだった。

「わしをボクシング素人いう人間がおるが、ボクシングもかじったことのない人間が何を言うとんのや! プロで5戦しておる。思い出される最高の舞台は、満16歳の時に出場した大阪府立体育館での試合。大滝三郎と、レオ・エスピノサの東洋太平洋タイトルマッチの前座の試合でした。1万人が見守る中で、リングサイドには力道山がいてね。わしはそれだけで舞い上がってしまった」

 ちなみにその日の試合の勝敗は──。

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン