ビジネス

ホテル開業ラッシュに沸く京都 最新トレンドは「脱・京都」

ホテル京阪 京都八条口の客室には茶器が

 たとえば2018年10月15日に開業した「ENSO ANGO(エンソウアンゴ)」は、“街に泊まるように宿泊する”という日本初の分散型ホテル。京都の四条通と五条通エリアという、京都の中心部に立地する全5棟からなるホテルだ。各棟は徒歩圏内にあり、京の街を存分に愉しみつつシンプルな客室でくつろぐことができる。

 5棟とはいえ1つのホテル。チェックインはクラウドを活用しているため各棟間の連携が可能であり、ラウンジ等の施設も相互利用できる等、宿泊主体型のスマートホテルとしても機能性が高い。各棟客室タイプや料金設定も異なるが、ひとりあたり1万円以下で利用できるケースもあり使い勝手もよさそうだ。

 5棟はそれぞれ個性的。中には京町家をイメージする施設もあるが、異なるクリエイターが創り出したアート感溢れるホテルは、雅の精神を尊重しつつも華やかさとは無縁の空間だ。

 ホテル開業が続く京都。相変わらず京都にフィーチャーするホテルも続々誕生する中で、脱・京都は新たな差別化戦略としてどこまで価値を高めていくのか。注視していきたい。

■写真提供/瀧澤信秋

関連キーワード

関連記事

トピックス