スポーツ

格闘技観戦にも高齢化の波 見たい試合だけを選ぶ傾向

フロイド・メイウェザー(左)と那須川天心(AFP=時事)

 2000年代の格闘技ブームとともに始まった、大晦日の格闘技興行。2018年の大晦日に行われるRIZINでは、神童と呼ばれる那須川天心と無敗のままボクシング5階級制覇をしたフロイド・メイウェザーによるスペシャルエキシビジョンに注目が集まっている。

 チケットの売れ行きも好調だが、格闘技ブーム最盛期のようにさいたまスーパーアリーナ全体を興奮が包み、期待と興奮と喜びで膨れ上がるような雰囲気は、おそらく再現できないだろうと言われている。様々な理由が囁かれているが、もっともよく聞かれるのはファンの高齢化だ。

「格闘技ブーム最盛期に20~30代だった人が、40~50代になっても観戦を楽しんでくれるのは嬉しいですが、若い頃と同じようにはできない。大晦日の『RIZIN14』は昼3時に始まって、終わるのは夜11時半くらいの予定です。20歳だったら全部を見続けられるかもしれないけれど、40歳になったらそうもいかない。仕方が無いので、どうしても見たい試合だけを選んで見ている人が多いです」(格闘技ライター)

 たとえば、全14試合のうち、どうしても見たいのは第7試合と第8試合、第13試合だとしたら、15時の大会オープニングより2時間くらい遅くに会場へ到着し、第8試合まで見る。その後、同じ姿勢を長く続けると腰痛によくないので、席を外して売店の周辺で軽食を食べながら小休止。第12試合が始まるころに席へ戻り、第13試合を堪能。満足して、さいたま新都心駅へ向かう。

 メイウェザーと那須川が気にならないわけではないが、スペシャルエキシビジョンなので、録画で確認することにした。それより、大晦日の終夜運転があるとはいえ、本数が極端に少ないさいたま新都心駅から確実に帰宅することを選ぶ──。

 こんなふうに、大会の試合から数試合を選んで観戦し、遅く来場したり、早めに会場を後にする観客は少なくない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン