国内

青学、中央、日大も なぜ大学は付属・系属校を強化するのか

付属の共学化で女子の進学率上昇を狙う大学も(写真はイメージ)

 2019年度の中学入試、高校入試で注目を集めている学校に、日本大学の50年ぶりの準付属校となる目黒日本大学や、青山学院大学の系属校になった浦和ルーテル学院がある。いま、大学はなぜ付属校、系属校の強化に力を入れているのか。安田教育研究所代表の安田理氏がその理由を探る。

 * * *
 日本の18歳人口のピークは、ちょうど今から50年前の1968年。当時は254万人もの18歳がいた。その後1976年に154万人まで減るが、再び1992年に205万人まで盛り返す。この年をピークに、その後は年度により多少の増加はあるが右肩下がりが続く。直近の2017年は120万人で、1968年の47.2%しかいない。なんと半分以下になっている。

 ただ18歳人口が減っても大学進学率が年々上昇していたので、大学進学者数はむしろ増えていた。実は2017年が大学進学者数のピークだとされていて、大学関係者の間では早くから「2018年問題」が言われてきた。今後も大学進学率が上昇を続けたとしても、18歳人口の減りがそれ以上に大きく、大学進学者数の増加は見込めないからである。

 全体状況は以上のようなことだとしても、個々の大学にとってもう1つ大きな問題が大学数の急増である。

 2017年の大学数は764校。30年前の1988年は490校だったから、この間に300校も増えていることになる。需給関係のバランスが崩れ、全国の私立大学の4割近くが定員が埋まらない状況が続いていることはご承知の通り。今後、専門職大学などの設立でさらに増加する可能性がある。

◆女子の進学率上昇に期待

 当然のことながら、大学の経営陣は早くから「2018年問題」には気が付いていた。そこでまず考えたのが、男子の大学進学率は早くから高かったので、これ以上大きくは伸びない。これからは女子が大学に進学してくることに期待しよう、ということである。

 これまで主として男子を意識してきた大学が、女子にも選ばれるようにすることが大切だと考えた。硬派なイメージを払しょくし、大学のキャンパスに女子学生を多くするにはどうするか。それを確実に進める手段の1つが付属校の共学化だった。付属校からの女子学生が大学のキャンパスで明るく楽しそうにしていれば、一般受験でも女子の受験者が増えるだろうと考えたのである。そこで、下記のように共学化は進んだ。

・2001年/中央大学附属
・2002年/早稲田実業(移転)
・2007年/法政大学第一(法政大学に校名変更。移転)
・2008年/明治大学付属明治(移転)
・2016年/法政大学第二

関連キーワード

関連記事

トピックス

10月には32才となる眞子さんと、小室氏
小室圭さん、セレブ人脈を期待され重要任務に引っぱりだこ 「表舞台から離れたい」眞子さんの希望は遠のくばかり
女性セブン
降谷建司
《MEGUMIと離婚へ》降谷建志は「モンスト」ガチ勢、不倫相手・A子さんも「真っ赤なプロTシャツ」 2人は「ストライカー仲間」だった
NEWSポストセブン
高橋ジョージ
《高橋ジョージが語るおひとりさま生活》「もうでっかい幸せは求めてない」離婚後に車4台処分してカーシェア生活の今
NEWSポストセブン
不倫相手ら“モンスト仲間”との密着写真を撮影していた降谷建志
《密着写真》MEGUMI最愛の息子と不倫相手が一緒に……我慢できなかった夫・降谷建志の“モンスト仲間”パリピ女子との不貞
NEWSポストセブン
ファンからも厳しい声が多い(写真/共同通信社)
【治らなかったマシンガン継投】2年連続Bクラス目前の巨人「原監督続投なら暗黒時代突入」の懸念
NEWSポストセブン
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦結婚で「地元の人達は知っていた」相手の素性がなかなか広がらなかった理由
NEWSポストセブン
伊藤英明の舞台観劇後、スタッフに深々と頭を下げた(2023年9月)
【独占】木村拓哉、後輩たちと交流重ねる「フランクに話せる場を」メッセージアプリでグループを作成
女性セブン
羽生と並んで写真に収まる末延さん(写真はSNSより)
羽生結弦に飛び交う「もう別居」情報 元バイオリニストの妻は仙台とは別の場所に拠点、同居にこだわらぬスタイルか
女性セブン
『東北サファリ』の代表取締役社長・熊久保氏
《ライオンに襲われたか》東北サファリパークで従業員が死亡、同園グループでは同様の事故が合計5回目 代表取締役はレーシングドライバーの熊久保信重氏
NEWSポストセブン
別居と離婚を認めた降谷建志とMEGUMI
《不倫報道で実母が複雑胸中》MEGUMIとの別居に「Dragon Ash」降谷建志の母が語った「とにかく円満に」
NEWSポストセブン
今年、ともに50才の節目を迎える
【スクープ】復活する反町隆史主演『GTO』に松嶋菜々子が出演! 子育てが一段落して「夫婦共演」決断
女性セブン
羽生結弦(写真は2022年)
【全文公開】羽生結弦を射止めた「社長令嬢のバイオリニスト」実家は“安倍元首相との太いパイプ”の華麗なる一族
女性セブン