• TOP
  • コラム
  • 【ドル円週間見通し】利上げ停止観測も欧州不安で下げ渋りか

コラム

2019.02.10 08:00  マネーポストWEB

【ドル円週間見通し】利上げ停止観測も欧州不安で下げ渋りか

目先のドル買い・欧州通貨売りは継続か


 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が2月11日~2月15日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は下げ渋りか。米連邦準備制度理事会(FRB)は、1月29-30日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)でややハト派寄りの見解を示し、利上げ停止観測が浮上した。しかしながら、欧州経済の減速や英国の合意なき欧州連合(EU)離脱への警戒感も高まっており、目先的に安全逃避のドル買い・欧州通貨売りは継続する可能性がある。

 1日に発表された米国の雇用統計で、半世紀ぶりの低水準で推移していた失業率が上昇し、雇用情勢改善はピークを越えつつあるとの見方が広がる。また、製造業関連の経済指標も低調な内容が目立ち、1月消費者物価指数や12月小売売上高などの主要指標が予想を下回った場合、市場はFRBの利上げ休止をより強く意識してドル売りが強まりやすい。

 ただ、欧州経済の減速を警戒してユーロ売り・ドル買いが継続する可能性があることは無視できない。経済指標でドイツやユーロ圏の成長鈍化が示された場合、ユーロ売りが先行する見通し。また、14日に英国議会で政府のEU離脱に関する修正案の採決が予定されているが、否決された場合、合意なきEU離脱の可能性が高まるため、ポンド売り・米ドル買いが強まりそうだ。この影響でドル・円の取引でもドルが消去法的に買われる可能性があり、ドルは底堅い値動きとなりそうだ。

 壁建設をめぐるトランプ政権の議会運営が度々批判されており、与野党協議が難航して再び政府機関が閉鎖されるリスクは除去されていないが、政府機関の再閉鎖を警戒したリスク回避的なドル売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。

【米・1月消費者物価指数(CPI)】(13日発表予定)
 13日発表の1月消費者物価指数(CPI)は、前年比+1.9%、コア指数は同比+2.1%と予想されている。コアCPIが市場予想を下回った場合、成長鈍化を意識して利上げ停止観測は一段と広がり、ドル売りを誘発しそうだ。

【米・12月小売売上高】(14日発表予定)
 政府機関閉鎖の影響で発表が遅れていた12月小売売上高は、前月比+0.1%と予想されている。伸び率は11月実績をやや下回る可能性があるが、小幅な増加でもドルにとっては好材料になるとの見方が多い。

・2月11日-15日週に発表予定の主要経済指標の見通しについては以下の通り。

○(米)1月消費者物価(CPI)コア指数 13日(水)午後10時30分発表予定
・予想は、前年比+2.1%
 参考となる12月実績(コアCPI)は前年同月比+2.2%、前月比+0.2%。上昇率は11月と同率だった。総合指数は前年比+1.9%、前月比-0.1%。1月については衣類、医療費の伸びは12月並みと予想されているが、他の項目の一部は若干低下するとみられており、コアCPIの上昇率は12月実績をわずかに下回る可能性がある。

○(日)10-12月期国内総生産速報値 14日(木)午前8時50分発表予定
・予想は、前期比年率+1.4%
 7-9月期における成長率の落ち込みは、日本各地で相次いで発生した自然災害が個人消費を圧迫したことや輸出が弱含みとなったことが要因。4-6月期に増加した反動で民間の設備投資も減少した。10-12月期については自然災害の影響は薄れて個人消費はやや回復したが、海外経済の不確実性などが輸出の伸びを抑えていることから、成長率は1%台にとどまる見込み。

○(米)12月小売売上高 14日(木)午後10時30分発表予定
・予想は、前月比+0.1%
 参考となる11月実績は前月比+0.2%で市場予想をやや上回った。オンライン・ストアなどの無店舗小売りの増加が目立った。自動車・関連部品を除いた売上高は+0.2%だった。1月については、ガソリン販売の減少が予想されるが、オンライン・ストア無店舗小売りの販売額は増加すると予想されており、前月比で小幅な伸びとなる見込み。

○(米)2月ミシガン大学消費者信頼感指数 15日(金)日本時間16日午前0時発表予定
・予想は、94.0
 参考となる1月CB消費者信頼感指数は120.2で、12月から大幅に低下。米政府機関の閉鎖が消費者の景況感を悪化させたようだ。ただし、1月25日に政府機関の閉鎖は解除されており、株式市場は持ち直していることから、2月のミシガン大学消費者信頼感指数は1月実績の91.2をやや上回る可能性が高いとみられる。

○その他の主な経済指標の発表予定
・13日(日):1月国内企業物価指数、(欧)12月ユーロ圏鉱工業生産
・14日(木):(欧)10-12月期ユーロ圏域内総生産改定値、(米)1月生産者物価指数・15日(金):(欧)12月ユーロ圏貿易収支、(米)2月NY連銀製造業景気指数、(米)1月鉱工業生産・設備稼働率、(米)12月ネット長期TICフロー

【予想レンジ】
・予想レンジ:108円50銭-111円00銭

関連記事

トピックス