芸能

小川彩佳アナ 『NEWS23』で雨宮アナと2枚看板起用の噂も

今度はTBSの顔に?(写真/ロケットパンチ)

 テレビ界恒例の4月の番組改編を前に、人気局アナたちが相次いで退社を発表している。テレビ朝日の小川彩佳アナ(33)もその1人。2月8日、結婚と3月末の退社が発表された。小川アナは昨年9月まで7年半にわたり『報道ステーション』に出演した同局のエースアナ。フリーになれば争奪戦は必至だ。キー局プロデューサーが語る。

「報道をこなせる女性中堅アナウンサーは少なく、各局とも喉から手が出るほど欲しいはず。近年の報道番組の女子アナはニュースを読むだけでなく、自分の意見や分析を発言することも求められるようになった。小川アナは『報ステ』でその実力は証明されている」

 退社報道から2日後の2月10日には、4月から古巣『報ステ』の“裏番組”である『NEWS23』(TBS)の新キャスター候補に浮上しているとスポーツ紙が報じた。同番組は2016年7月に元TBSの雨宮塔子アナ(48)がキャスターに就任したことが話題となったが、現在は平均視聴率3~4%と苦戦している。TBS関係者が明かす。

「小川アナは3月末までテレ朝に残ると発表されているので、さすがに4月からTBSに出ることはあり得ません。夏から秋にかけてのタイミングで起用されるのではないか。雨宮アナとの“ダブルキャスター体制”になるのではないかとも囁かれている」

 TBSに聞くと、「番組編成についてはお答えできません」(広報部)とのことだった。

 かつてテレビ界では「局アナにはフリー転身後、1年間は他局に出演してはならないとの“暗黙の掟”があった」(広告代理店関係者)というが、2011年に羽鳥慎一が日テレ退社後、すぐにテレ朝の裏番組に出演した頃から、そうした“縛り”は薄れつつあるようだ。

 有働由美子アナ(49)もNHK退局後わずか半年で『news zero』(日本テレビ)のキャスターに就任し、いまや“日テレの顔”になっている。「TBSの朝の顔(『あさチャン!』メインキャスター)は元日テレの夏目三久アナ(34)が務めている。小川アナが“夜の顔”になってもおかしくはない」(前出・TBS関係者)

※週刊ポスト2019年3月1日号

関連記事

トピックス

勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
確定申告期間中の東京国税局(時事通信フォト)
「300万円以下の副業は雑所得」案 サラリーマンが看過できないデメリット
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン