• TOP
  • 国内
  • 小室圭さん、「同級生の反旗」でVIP待遇に危機的状況も

国内

2019.03.01 07:00  女性セブン

小室圭さん、「同級生の反旗」でVIP待遇に危機的状況も

《4万ドル(約440万円)母親はボーイフレンドに4万ドルの借金がある》

 母親とは、元婚約者と金銭トラブルを起こした佳代さんのことだろう。さらに続く。

《30万ドル(約3300万円) 大学の3年間の学費》
《80万ドル(約8800万円) 母親は日本でアンティークブティックを開きたい》
《200万ドル(約2億2000万円) プリンセスにヴァレンティノのドレス》

◆コムロコインが首を絞める

 コムロコインは非常に怪しいが、話題にはなった。出資を募るSNSには、「小室さんはアナ雪のハンス王子だ」という“悪口”も書き込まれた。映画『アナと雪の女王』(2013年)に登場するハンス王子は、王国のアナ女王の孤独につけ込んで近づき、王国の乗っ取りを画策する悪党だ。

 ネット上の取るに足りないイタズラ出資話が、「小室さんの首を絞めている」と言うのは、ある皇室ジャーナリストだ。

「日本では小室さんを取り巻く問題はよく知られています。しかし、留学先では小室さんは『日本の天皇の孫のフィアンセ』という認識しかない。

 ところが、英語で書かれたコムロコインのサイトが話題になれば、現地でも多くの人が小室さんの“正体”を知ることになる。それは小室さんが留学先で受けるVIP待遇に本当にふさわしいのか、疑念を招くことにつながります」

 小室さんは日本で弁護士資格を持たず、法学部も卒業していないので、本来ならば3年間の「JDコース(基礎コース)」で学ばなければいけない。しかし実際は、10か月でNY州司法試験の受験資格を得られる「LLMコース(上級コース)」の受講を認められている。

 さらには、全米有数の高額さで知られる授業料も免除。それらの特別待遇は、小室さんが「日本の皇族のフィアンセ」だと、大学当局が認識しているからに他ならない。出資話の発起人が、「フォーダム大学の同級生」を自称していることもポイントだ。

「小室さんは留学生約200人の中で、優秀な学生1人だけが選ばれる奨学金によって、3年間で約2000万円とされる学費が免除された。“なぜ小室さんなのか?”と同級生が疑問を抱いてもおかしくない。そんな同級生たちの“反旗”の証拠かもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト)

 昨年末、イギリスの高級紙『タイムズ』が、「美智子さまが小室さんの皇室利用を懸念されている」という記事を掲載した。

「そうした英語による情報が徐々に伝わり、小室さんのVIP扱いに疑問を持つ大学関係者も増えたそうです。皮肉を込めたコムロコインがさらに話題になり、学内の反発が強まれば、VIP待遇は正当か、大学当局も見直しに入らざるを得なくなるでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

 前述のように、今年7月のNY州司法試験に合格すれば、意気揚々と結婚話を進めるだろう。しかし万が一、試験に落ちれば、大学は翌年以降も学費免除を継続するだろうか。

 結論の時は近い。

※女性セブン2019年3月14日号

関連記事

トピックス