• TOP
  • 国内
  • 元号越えを伝えた元NHK松平定知氏 「30秒の余分な時間」の意味

国内

2019.03.05 07:00  SAPIO

元号越えを伝えた元NHK松平定知氏 「30秒の余分な時間」の意味

 新しい時代に対する期待「希望に満ちた日本になりますように」、「平和が続きますように」といった気持ちはありましたが、あのときはそれよりも、“天皇陛下が亡くなられた”という悲痛な思いの方が強かったですね。私だけでなく多くの国民が同じ思いだったのではないでしょうか。なので、自然と厳粛な気持ちになっていました。

 この元号越えの瞬間に時代が変わるのだ、それを自分は伝えているのだという高揚感があったことはよく覚えています。

【PROFILE】松平定知/1944年生まれ。早稲田大学卒業後、NHK入局。『NHKニュース7』『その時歴史が動いた』など数々の看板番組を担当。2007年にNHKを退局し、現在は京都造形芸術大学教授などを務める。『謀る力』『幕末維新を「本当に」動かした10人』など歴史について考察した著書多数。

●聞き手・構成/鈴木洋史(フリーライター)

※SAPIO2019年4月号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス