• TOP
  • コラム
  • 「年金は65才から」の思い込み、「特別支給」のもらい忘れで大損も

コラム

2019.03.24 13:00  マネーポストWEB

「年金は65才から」の思い込み、「特別支給」のもらい忘れで大損も

特別支給の老齢厚生年金を取り戻す手続き

 年金の受給開始年齢は原則65才だが、実は一部の世代にだけは、「60~65才」の間に受け取れる「特別支給の老齢厚生年金」という制度がある。1994年に、年金の受給開始年齢が60才から65才に引き上げられた際、それまで「60才から年金をもらえる」と思って老後の将来設計をしていた人は急には対応できないため、影響を小さくするために設けられた特別な制度だ。

 都内の金融機関に勤める鈴木さん(59才)が話す。

「夫が65才になったので、年金の受給手続きのために年金事務所に行きました。手続きしていると、窓口の人が『61才から受け取れる特別支給を受け取っていませんよ』と教えてくれました。その金額を見てびっくり。480万円も一括で受け取れると言うのです。

 家に帰り、今度は私の『ねんきん定期便』もよくよく見返したら、『特別支給の厚生老齢年金』の欄に480万円近い金額が書いてあり、61才から受け取れることがわかりました。年金は65才から受け取るものと思い込んでいたので、このまま知らずに受け取っていなかったらと思うと、考えただけでゾッとします」

 鈴木さんのような勘違いをしている人は多い。ブレインコンサルティングオフィスの北村庄吾さんが話す。

「特別支給と65才から受け取る年金は全くの別物です。また、特別支給を受け取ると、『繰り上げ受給』(年金を早く受け取る代わりに年金が減額される制度)と勘違いして、あえて申請しない人もいますが、大きな間違いです。特別支給を受け取っても、65才からの年金額は減りません。特別支給は、通常の年金とは切り離して考えるため、該当する年にもらわないと損です。特別支給の受給開始年齢の3か月前に年金請求書が届くので、必ず返送しましょう」

 これも、自分から申請しないともらえないので、知らないと大損することになる。

「対象になるのは、男性は現在58才(1961年4月1日以前の生まれ)以上、女性は53才(1966年4月1日以前の生まれ)以上で、国民年金に10年以上加入し、厚生年金に1年以上加入している人。女性の方が男性より5才猶予があるため、女性にとって非常に有利な制度といえます」(社会保険労務士の蒲島竜也さん)

 たとえば、毎月の厚生年金額が10万円とすると、54才の女性なら64才から1年間、合計120万円もらえ、61才以上の女性なら60才から合計600万円も受け取れる。自分が受け取れるかどうかを確認するには、ねんきん定期便の「特別支給の老齢厚生年金」の欄を見ればよい。受給額と年齢の記載があれば受け取れる。

 すでに65才を過ぎていても、諦めるのはまだ早い。受給権利の発生から5年までならさかのぼって申請できる。

「たとえば、69才なら1年分、68才なら2年分と部分的ではありますが、請求手続きをすれば取り戻せます」(北村さん)

 心当たりがある人は、住民票や通帳などの書類を持ってすぐに年金事務所に行き、「年金請求書」を提出しよう。

※女性セブン2019年3月28日・4月4日号

関連記事

トピックス