国内

「小池都知事が信用されない理由」自民党都連幹事長が激白

自民党都連の高島直樹幹事長

 安倍晋三首相の総裁4選発言や細野豪志氏ら無所属衆院議員の自民党入りを主導する自民党の二階俊博幹事長の言動が注目を集めている。とりわけ波風を立てたのは小池百合子東京都知事との面会直後に飛び出した「再出馬なら全面的に協力する」との発言だった。

 黙っていられないのは、2017年の都議選で小池氏率いる都民ファーストの会に大敗を喫した自民党東京都連である。反発を受け二階氏は発言を封印したが、15日にはホテルオークラの「山里」で小池氏と3時間にわたって会食し、再び都連を刺激した。

 2020年夏に知事選が迫る中、小池氏から「都議会のドン」と槍玉に挙げられた前都議の内田茂氏の後任の都連幹事長、高島直樹都議(68)はどう受け止めるのか、話を聞くと、意外な反応が返ってきた。(取材・文/広野真嗣)

 * * *
◆二階・内田・高島会談の中身とは

──3月4日、二階氏の小池支持発言があった。

高島:発言があってすぐ、各方面から「高島、あれは撤回させるべきではないか」と忠告する電話がかかってきたけれど、僕は冷静で全然そうするつもりはありませんでした。

 なぜかというと、一年半前の都議選で、自民党が擁立した60人の候補のうち37人が落選した。その時、二階幹事長は松本楼(日比谷)に落選候補も含めた全員を招いて、「4年間大変だが、頑張ってやっていこう」「自分も支える」と言ってくれた。都連や都議会自民党の思いは理解してくれていると思っています。

 だから発言は「お前早く知事候補を決めねえと、こんなひどい目に遭うぞ」とエールを送ってもらったと思っているのよ。うそ偽りありません。

──発言の二日後に、都連最高顧問の内田茂氏と共に二階幹事長と都内のホテルで昼食をとられた。

高島:実は内田先生からも「どうするの?」と心配されていました。すると二階先生から「ご飯食べようぜ」という電話が来てさ。会ってみると、同席された林幹雄・幹事長代理から「まさに高島の言う通り」と言われました。違和感もないよ。

──過剰反応を控えるということかもしれませんが、知事選まで一年半を切る中、候補者を巡って鈴木大地・スポーツ庁長官などさまざまな人の名前が挙がっている。

高島:挙がっている人の名前についてはわからないが、いろんな人の名前が挙がっていて、意欲がある人の身体検査をするなど都連もかなり動いていることだけは言っておきますよ。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン