ライフ

のどの渇き、しびれ、肩こり、かゆみ 各症状が示す重病の兆候

大きな病気の可能性がある兆候一覧

 なんとなく感じている体の不調が、実は大きな病気の兆候だったということも珍しくない。そういった兆候を知っていれば、早い段階で病院に行き、適切な処置を受け、根治する可能性も高まるはず。そこで、大きな病気の可能性がある症状を紹介する。

■のどの異常な渇き
考えられる病気→糖尿病
「高血糖になると多尿により、体から水分が失われてしまう。その結果、脱水症状になりのどが渇く」(医療ジャーナリストの市川純子さん)

■体のしびれ
考えられる病気→糖尿病、脳梗塞、がん
「手や口のまわりの片側がしびれるのは脳梗塞の可能性が。のどの渇きに加えて足の裏が強くしびれるのは、糖尿病の兆候」(福島医科大学会津医療センターの総合診療医・山中克郎さん)
「急にしびれる、しびれが原因で動作に支障が出るなどが、診断を受けるかどうかの分かれ目」(洛和会丸太町病院救急・総合診療科部長の上田剛士さん)

■肩こり
考えられる病気→狭心症
「左肩のこりに加え、奥歯の痛みやのどの締め付けなど、あごまわりの違和感が兆候であることが多い」(小倉記念病院循環器内科主任部長の安藤献児さん)

■体のかゆみ
考えられる病気→糖尿病、腎機能の低下
「皮膚が乾燥しやすくなり、かゆみに過敏になることがある」(市川さん)

■体のむくみ
考えられる病気→心不全、腎不全、肝硬変、深部静脈血栓症
「臓器の機能が低下すると全身に水がたまり、むくみやすくなる。脚が急にむくんだ時も要注意。深部静脈血栓症の可能性があり、放置すると肺塞栓になる恐れも」(山中さん)

■顔のほてり
考えられる病気→脳出血
「更年期の症状である“ホットフラッシュ”と似ているが、ほてりに加えて血圧が大きく上昇したら注意が必要」(安藤さん)

■吐き気
考えられる病気→胆石
「更年期の症状だと思って10年放置した結果、胃に激痛が走って緊急搬送された経験が」(市川さん)

※女性セブン2019年4月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン