• TOP
  • コラム
  • 放課後ドラマ『パラレルスクールDAYS』完成披露上映会!

コラム

2019.04.01 09:49  BOOK STAND

放課後ドラマ『パラレルスクールDAYS』完成披露上映会!

劇場版『パラレルスクールDAYS』完成披露上映会の様子


 ワイモバイル公式YouTubeチャンネルで配信されている”放課後ドラマシリーズ第2弾”『パラレルスクールDAYS』。配信開始後、たちまち人気になった本作は映画化希望の声が続出! なんと全20話のストーリーを再編集し、オリジナルシーンを新たに加えた劇場版『パラレルスクールDAYS』が完成。お台場にて上映されました。本記事では、重大発表アリの完成披露上映会の模様をレポートします。

 上映後、舞台上には髙橋ひかるさん、甲斐翔真さん、はやしんさん、サイバーマンさん、莉子さん、中山咲月さん、フレデリックさん、そして藤井道人監督が登壇。

 撮影の雰囲気を聞かれた髙橋さんは「はじめは緊張していましたが、みなさん年齢がわりと近かったので、すぐ馴染めました。大関れいかさん今いらっしゃらないですが、場をすごく盛り上げてくださって……」とコメント。すると甲斐さんが「僕も実はさっき後ろで本編を観てたんですけど、大関れいかさんヤバイですね。カメラに写ってなくてもめっちゃ声が聞こえて。面白かったですね」とすかさず同意。Vine動画で爆笑動画をアップし絶大な人気を誇る大関さんは、現場でも盛り上げ役だったようです。「みなさん以前から友達だったような感覚で撮影させていただきました」とはやしんさんもコメント。

 本作は、現実世界ともう一つの世界が舞台。陰キャラと陽キャラどちらも演じなければならない出演者さんがほとんどだったのですが、はやしんさんは、「陽キャラはすごくキザなことを言うんですよね。普段僕は言わないので、どういう気持ちで作っていこうかなっていうところがありました」と役作りの苦労を明かしました。またサイバーマンさんは、陽キャラのときのスタッフさんからの圧がすごかったようで、「頑張らないとって思って、待ってる時間も一発ギャグを考えたりとかしていました」(サイバーマンさん)

 ちなみにサイバーマンさんとはやしんさんは、藤井監督と直接面談の末、この配役になったそう。「サイバーマンさんは初めてあったとき、すごく暗い感じできたんですよ。でも役では彼は明るい役と暗い役、両方演じなきゃいけないし、心配していました。でもやっぱり動画を自分で撮影している分、すごく普通で。スタッフみんなが初めてとは思えないとコメントするくらい」と藤井監督。甲斐さんも「やりやすかったです。朝から現場を盛り上げてくれるので」と大絶賛。それに対し、「楽しくやろうっていうのが大きかったです」と笑顔でサイバーマンさんは答えました。

 女性陣にも役作りに対しての質問が。普段とはまったく違う役を演じたという莉子さん。普段の自分と、演じたキャラクターを比べて共感できるポイントを聞かれ「周りの話を聞いたり、人間観察したりするところに共感できました」とコメント。また、キーパーソンを演じた中山さんは、「自分自身と似たような悩みを持っていて、それを克服していくっていうのは共感できましたが、あんなにキツくないです(笑)」とコメント。高橋さんに向かってセリフを言うシーンでは心が痛んだそう。「カットかかった後、謝ろうかなって思ったくらい、すごくキツイ子だなと思いながら演技していました」(中山さん)

 本作の主題歌『エンドレスメーデー』を担当したのは、神戸出身の人気バンド、フレデリック。「本作の中の世界観のなかでストーリーを重ねるごとに、『エンドレスメーデー』の聴こえ方や感じ方が、作った自分自身もすごく深く考えさせられるものになっていきました」とコメント。「こういう繋がりがあって主題歌を担当できるということは、なかなか巡り会えないことなんじゃないかと嬉しく思います」と改めて心境を語ってくれました。「話数を重ねるごとに『エンドレスメーデー』とどんどん重なっていきました。劇場で流れたときにもドキドキがあって。すごく素敵な曲を作っていただけて嬉しかったです」と髙橋さん。

 さらに、4月6日にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で追加上映、小説化も決定という重大ニュースも発表されました。髙橋さんは追加上映について「めちゃめちゃ嬉しいです!」とコメント。さらに、小説家決定ニュースに甲斐さんは「小説になるとどういうストーリーになるのかっていうのがすごく楽しみです」と感想を述べました。

 まだ観ていない人に向けてのメッセージを聞かれた高橋さん。「SNSが身近にあって、使い方や向き合い方が難しい部分も、たくさんあると思うんですけど、このドラマを観て難しいことは考えずに、自分というものを大切にしてもらいたいなって思います」とコメント。
 そして藤井監督はこの作品に込めた思いを聞かれ、「SNSは10代の方々からすると、すごく当たり前にある。そのSNSでの人格を否定するということでもなく、SNSを使わない方がいいわけでもない。ただ、人との付き合い方が変わってきました。携帯を通して会いたい人にすぐ会える、すぐ思いを伝えられるようになった今、自分は大事な人とどういう風に接していくのか、観る方が感じれくれればいいなと思います」とメッセージを送りました。

 現代の社会に必要不可欠になっていると言っても過言ではないSNS。10代ならではの悩みや青春をSNSという題材で描いた作品、ぜひチェックしてみてください。

(取材・文/トキエス)

***

劇場版『パラレルスクールDAYS』追加上映決定!
2019年4月6日(土)14:15~ ※14:00~開場
■ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 5番スクリーン
■チケット:500円
■チケット購入方法:ローソンチケットで購入が可能です。
https://l-tike.com/parasuku0406

『パラレルスクールDAYS』小説化決定!
2019年5月1日(水)角川ビーンズ文庫より刊(660円<税別>)
https://beans.kadokawa.co.jp/blog/product-info/entry-1536.html

関連記事

トピックス