• TOP
  • ビジネス
  • 「高学歴新入社員」ほど陥りやすい挫折 その処方箋は?

ビジネス

2019.04.04 07:00  NEWSポストセブン

「高学歴新入社員」ほど陥りやすい挫折 その処方箋は?

◆「思い上がり型」への処方箋

 乗り越えなければならない壁は、彼らのプライドの高さだ。特に「思い上がり型」の新人は、自分が優秀だという思い込みがあるので、他人の批判や忠告にはなかなか耳を貸さない。上司からもっと謙虚になるように諭したところ、「低学歴のくせに……」と陰口をたたかれたという話もある。

 そこで有効な対策は、彼らを市場や顧客の評価にさらすことだ。たとえば一人で営業に回らせるとか、顧客相手の説明会を1人で担当させる、失敗しても大きな差し障りのないイベントを企画から運営まで任せてみるといった方法がある。あるいは得意先へしばらく研修に出してみるとよいかもしれない。

 いずれにしろ上司や社内の評価には不平が言えても、市場や顧客の評価は受け入れざるを得ない。それによって自分を過大評価していたことに気づき、根拠のないプライドは捨てられるはずだ。

◆「背負い込み型」への処方箋

 一方、「背負い込み型」には、評判を裏切ることの恐怖や罪悪感を和らげなければならない。そのために有効なのが失敗体験である。

 失敗体験、すなわち期待に応えられなかった経験をあえてさせることにより、過剰な負荷を背負い込まなくてもよいということがわかる。そして、失敗を恐れずチャレンジする勇気や積極性もわいてくる。

 例えば、大阪府にある太陽パーツという会社では、前向きにチャレンジして失敗した社員に対して「大失敗賞」という賞を贈っている。実際、この賞を取り入れるようになってから若手社員の挑戦意欲が高まったそうだ。

 高学歴新入社員、とりわけ受験秀才型新人が陥りがちな、プライドという名の「承認欲求の呪縛」。彼らが仕事上での体験を通して自ら呪縛を解いていけるよう、サポートしてやればよい。等身大の自分を知るところから、本物の自信とプライドを築いていけるようになるはずだ。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス