国内

小池百合子都知事の最側近に「年収1400万円天下り」を直撃

小池都知事には「天下りではないか」との批判があがった(時事通信フォト)

小池都知事には「天下りではないか」との批判があがった(時事通信フォト)

 小池百合子都知事(66)の側近を長年務めた人物の転身を巡って「天下り」という批判が集まっている。小池氏が、野田数・前政務担当特別秘書(45)を都水道局が所管する外郭団体「東京水道サービス」(以下TSS、新宿区)の社長に推薦する意向を示したことがきっかけだった。渦中の野田氏が、取材に応じた。

 TSSは、都民の水がめである浄水場や送水管の管理を担う技術系の企業で、社員は約1500人。都が51%の株式を保有し、社長はこれまで都水道局長経験者の“指定席”だった。今回の人事は、水道局の天下り利権を都知事が“剥奪”したかたちだ。

“身内”を年収1400万円の厚遇ポストにあてがう人事だけに、対立する自民党都連の総務会長、萩生田光一衆院議員(党幹事長代行)は早速、「小池氏がけしからんと言ってきた天下りの極み」と批判した。

 野田氏は衆院議員時代の小池氏の秘書を務めたこともある20年来の側近だ。その後は東村山市議を2期、都議を1期務めた。都議だった2012年には「日本国憲法は無効であり日本帝国憲法が現存する」と提唱する請願に賛成したことが話題になったこともある。

「小池氏の右腕」と呼ばれるようになったきっかけは、小池氏が当選した2016年の都知事選だった。2013年の都議選で再選を逃し浪人中だった野田氏は、小池陣営の選挙対策本部を取り仕切る。さらに翌2017年の都議選では小池氏が率いる都民ファーストの会を大勝に導いた。

 それだけに、小池氏の信頼は厚い。TSS社長の人選の理由を問われた小池氏が、「新しい水道を作っていくための、これまでとは違う流れの人。天下りというジャンルには入らない」と反論した言葉には、自分が主導する改革のためには当然だという主張がにじむ。

◆“門外漢”の野田氏に「水道改革」は務まるのか?

 この人事が孕むもう1つの問題は、野田氏が変革の渦中にあるTSSの舵取り役として適任か、というものである。

 今年1月、小池氏肝いりの都政改革本部は、TSSと料金収受業務を担う別の外郭団体「PUC」を2019年度中に統合する方針を打ち出した。水道局OBが語る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン