国内

坂東眞理子氏の「70過ぎたら新しいものを着よ」は至言

津田塾大学学芸部教授・三砂ちづるさんが「70代」を語る

<「もう」70歳だから「今さら」何をしても遅すぎる、「どうせ」成果は上がらないと自分をおとしめるのは金輪際やめよう>──そんな力強いメッセージで読者を励ます『70歳のたしなみ』を著したのは、昭和女子大学理事長・総長で330万部超のベストセラー『女性の品格』(PHP新書)著者・坂東眞理子さん。早くも重版が決まるなど話題を呼ぶ本書を読んで、津田塾大学学芸学部教授の三砂ちづるさん(60才)はどう思ったのか。

 * * *
 数の上でも行動の上でも、この国を大きく動かした「団塊の世代」が70代を迎えている。この人たちの前に道はなく、この人たちの後に道はできる。そういう「史上初めて」な生き方をしてきた方々であった。私は団塊の世代から遅れること約10年、の世代なので、この世代の方々が何を壊し、何を叫び、何に異議申し立てをし、何を変えてきたのか、よく知っている。大量に恋愛結婚をし始め、学生時代に同棲し始め、家業は継がないことにし、都市で働いて経済力を持った。形式張ったことをきらい、今、葬式も墓もいらない、とおっしゃる中心にもこの世代の方々がいる。

 著者の坂東眞理子先生も、そのあたりのことをよくわかっておられて、「団塊の世代が子育てに失敗した(ケースが多い)のは、史上初めて大多数の親が子どものほしがるものを買い与えることができる経済力を持ち、子どものために使う時間を十分もつようになったからではないか」とおっしゃっている。要するに初めてのことでお手本がないので、子どもを保護し甘やかすお金の使い方をしてしまい、日本全体が成金的に子供を甘やかして育てたのではないのか、と。

 そしてそれは失敗だったのだから、同じ現象を高齢期に生じさせてはいけない、お金と有り余る暇があったとしても、それで自分の健康や楽しみだけを追い求めると、「子育てに失敗」したように高齢者としても失敗する、だから、もっと「たしなみ」を持って人の役に立つように生きていきましょう、というのがこの本である。団塊の世代の「失敗」の上に書かれているわけである。

 年齢というのは、人がとるものであって、自分はいつまでも変わらない気でいるのだからおそろしい。若い頃と同様に、いつになってもあれやこれやにおろかに翻弄されているので、いつ自分が還暦になっていたのだ、と、びっくりする。だいたい、女子大などに勤めていて、若い学生たちと行動しているから、自分もつい同じくらいの年のつもりでいてしまい、みんなで撮った写真を見て、一人だけ場違いな私が混じっていてぎょっとするのである。

「年をとってからは手をかけないと、痛ましくてみていられない。見た目を気にせよ」、と、年甲斐のない失態はしないように、女子大の学長を務める人生の先輩が書いてくださっているのも、この本である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト