• TOP
  • コラム
  • GW10連休を前に「むしろ株を買い増すべき」とする専門家の根拠

コラム

2019.04.15 20:00  マネーポストWEB

GW10連休を前に「むしろ株を買い増すべき」とする専門家の根拠

改元時に注目される銘柄は?(写真:共同通信社)

 日本市場にとって「今年最大の不確定要因」と言われているのが、御代替わりをまたぐ4月末から5月にかけての10連休だ。休みの間、証券市場の取引はほぼ停止する。リスク回避のための「売り」を推奨する声も多いが、一方で、“連休前に買い”とする専門家もいる。

「新天皇即位による祝賀ムードは事前予想より高まっている」というところにその“論拠”があるという。

 5月1日の改元に向けて、百貨店をはじめ小売業界では改元セールが相次ぎ、かつての“ミッチー・ブーム”の時に見られたような盛り上がりを予見する声もある。こうした祝賀ムードが株価を押し上げると考えられるため、「むしろ買い増す」という意見につながるようだ。マーケットアナリストの平野憲一氏が語る。

「連休中のリスクを指摘する声が多いが、そうした不確定要因を嫌う流れができて連休前に相場が下落するようなら、逆に買いの好機ととらえることができます。連休明けの5月7日は改元後初の取引日となり、新天皇へのご祝儀相場となって上がる可能性が考えられる。加えて成長鈍化が懸念されてきた中国経済の各種統計もさほど悪くなく、今後さらなる良化も見込める。日本株にはプラス材料となります」

 今月1日の新元号発表後、日経平均が一時470円以上の値上がりを見せたように、実際に改元を迎えた後の“お祝いの買い”にも大いに期待が持てるというのだ。

 グローバルリンクアドバイザーズ代表の戸松信博氏も、連休前に下げ相場となることを見越して、こう話す。

「米国の大規模減税と財政投資に続き、中国でも大規模減税が実行される。これらが世界経済の牽引役となり、年末まで相場は基本的に上向きと見ています。連休前に下がるようであれば安値で仕込める買いのチャンスといえます」

 ちなみに、どんな業種やテーマなら株価上昇が期待できるのだろうか。改元セールで追い風となる百貨店をはじめとした小売関連銘柄は当然候補になってきそうだが、戸松氏はそれ以外にも注目しておきたい銘柄があるとする。

「貿易摩擦などの外部要因の影響を受けにくい独自の強みがある企業として、大型株ならオリエンタルランド(東証一部・4661)などは面白い。連休による集客増はもちろん、ブランド力があって安定的な収益基盤を持つので、株価が下がったところは絶好の買い場になるでしょう。また、ソフトバンク(同9434)も配当利回りの点で妙味が出てきているので、GWを前に急落する場面があるなら買いのチャンスになってくるでしょう」

 誰も経験したことのない市場の10連休。令和の“初商い”を笑って迎えるためにプロたちの見方も参考に市場に臨みたい。

※週刊ポスト2019年4月19日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス