• TOP
  • コラム
  • 「制服のお下がりが欲しい」とママ友から言われたら!あげる?あげない?

コラム

2019.04.23 20:00  たまGoo!

「制服のお下がりが欲しい」とママ友から言われたら!あげる?あげない?

「制服のお下がりが欲しい」とママ友から言われたら!あげる?あげない?

「制服のお下がりが欲しい」とママ友から言われたとき、あげるかあげないか迷います。あげない理由がはっきりとあれば断りやすいのですが「なんとなくあげたくない相手」の場合は断り方に悩むものです。
今回は、制服のお下がりをお願いされたときの「あとくされない上手な断り方」と、あげるときに気をつけたいことをお話しします。

なぜ「制服のお下がりが欲しい」と言うのか

中学の制服の値段は公立でも数万円が相場です。体操着やジャージまでそろえると8万近くまでかかります。高いお金を出して買ったものを簡単にあげたくない気持ちはわかります。しかし「制服のお下がりが欲しい」という人にもそれなりの理由があるのです。まずは「制服のお下がりが欲しい」というわけを知り、本当にあげないのか、それともあげる方向で考えてみるのかを考えてみましょう。

お下がりできるもの

ブレザー上着(冬)

ズボン OR スカート (冬)

ズボン OR スカート(夏)

ネクタイ

長そでシャツ

半そでシャツ

ジャージ上

ジャージ下

半そで体操服

ハーフパンツ

体育館履き

上履き

柔道着(男子)

※汚れがひどいものは無理にお下がりしないようにしましょう。

体形が変わる時期だから

制服のお下がりを欲しがるママ友は、小学校入学や中学校入学の子どもを持っていることが多いようです。小学校は6年間あり子どもの体形は大きく変わります。中学校は3年間ですが、男の子は背が急激に伸びる時期です。入学のときに新しく制服をつくったとしても、卒業するまで使えるとは限りません。お下がりを欲しがるママ友には、自分の子どもよりも大きな子どもの制服を「予備に持っておきたい」という理由があるのです。

制服は値段が高いから

ママ友の中には「お下がりの制服で入学準備を済ませたい」と思っている人もいます。「制服くらい新調しなさいよ」と思う人もいるかもしれませんが、新学期はお金がかかるのです。家計によっては制服代をねん出することが難しいこともあります。「制服のお下がりが欲しい」と言われると「厚かましい人」と思ってしまうかもしれませんが、お願いするママ友は恥を忍んでお願いしているのかもしれません。

洗い替え用にたくさん欲しいから

お下がりの中には、制服だけでなくシャツや体操着も含まれています。シャツや体操着は、たくさんあれば梅雨時で洗濯物が乾かないときに助かるでしょう。忙しいママは、とにかく数が欲しいのです。「捨てるならちょうだい」と思っているのでしょう。

制服のお下がりの上手な断り方

ママ友から制服のお下がりが欲しいと言われたら、できるだけその場で返事をするようにしましょう。その場では「あげる」と言っておきなが、あとから「やっぱり無理」と言っては、どんな断り方をしても後味が悪いものです。
ここからは、欲しいと言われたときに、相手を選ばず使える「上手な断り方」を紹介します。セリフは前もって頭に入れておき、スムーズに断れるようにしておきましょう。

「もうお下がりする人は決まっているの」

ママ友中には、大して親しくもないのに「お下がりが欲しい」と言ってくる人もいます。そんなときには「もうお下がりする人は決まっているの」と言いましょう。よほど常識がない人でなければ、それ以上お願いしてくることはないでしょう。
しかしまれに「誰にあげるの」と聞いてくる人がいます。そんなときには「ずっと仲良くしている人」と言い、暗に「あなたよりもあげたい人がいる」ということを伝えましょう。

「痛みがひどくてお下がりできる状態じゃないの」

似た断り方に「汚れがひどくて」もあります。しかし「汚れ」は落とせることもあるため「大丈夫だから欲しい」と言われてしまう可能性があります。「痛みがひどい」と言えば生地が傷んでいるイメージです。さすがに子どもにボロボロの制服を着せることは嫌でしょう。

「制服は無理だけど別のものなら・・・」

ママ友の中には、しつこい人もいます。「この人はしつこい」と思う相手ならば「捨て駒」を用意しておきましょう。「これならあげてもいいや」と思える体操着やシャツを選んでおくのです。大した理由もなく「制服のお下がりが欲しい」という人は、なにかしらもらえるものがないかと、手あたり次第声を掛けていることもあります。そういう人からは、捨て駒を差し出して、さっさと逃げた方がいいでしょう。

制服のお下がりをあげるときのポイント

お下がりの制服には、あげる側の情がこもっています。お下がりしてからも大切に使ってほしいものです。最後に制服のお下がりをお互いに気持ちよくするためのポイントをお話しします。同じ制服でもお下がりの仕方によっては価値があがることも下がることもあるのです。

クリーニングに出してからお下がりする

お下がりするときには、制服はクリーニングに出し、体操着類は洗濯してからお下がりしましょう。いつも着ていると汚れに鈍感になりますが、お下がりされた方は小さな汚れにも気がつくものです。ポケットにお菓子の包み紙やゴミが入っている制服をお下がりすることは非常識です。もらった方はバカにされたように感じるかもしれません。
クリーニング代は安くはありません。でも「お祝いの気持ち」としてクリーニングのタグはつけたままお下がりしましょう。

「あの人にあげた」といいふらさない

お下がりをもらう人によっては、恥を忍んでお願いしたかもしれません。ものを渡したら「あの人にあげた」と得意げにいいふらさないようにしましょう。
お下がりをあげるときには「あげる」という態度ではなく「もらってくれる?」という言い方をすると、もらう側は気持ちよくもらえるものです。どうせあげるならば、気持ちよく使ってもらえるように配慮しましょう。

破れや汚れがひどいものはあげない

お下がりはあげればいいというわけではありません。破れや汚れがひどいものをあげることは失礼になります。もしも破れや汚れがあってもお下がりしたいと思うならば、使える程度に修復してからお下がりしましょう。
記名がある場合は、できるだけ名前を消してからお下がりすることがマナーです。油性ペンで記名してある場合は、上から黒く塗るか布で名前を覆ってからお下がりしましょう。

おわりに

わが子の制服は使わなくなっても思い出が詰まっているため、簡単にあげたくないものです。お下がりするときには、ママだけでなく子ども自身も「この人なら」と思う人にお下がりしましょう。気持ちのこもった制服は、たとえお下がりであってもうれしいものです。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス