芸能

中居正広、破局報道あった振付師女性と交際継続していた

Aさんは中居のマンションから出ると、慣れた様子でタクシーを呼んだ

 最高気温20℃を超えた4月中旬のお昼過ぎ。中居正広(46才)は、都心の自宅マンションから迎えに来た車に乗って仕事に出かけた。その10分後、タイミングをずらすかのようにマスク姿の女性がエントランスから出てくる。女性は振付師兼ダンサーのAさん(34才)。2年前に女性セブンが交際を報じた中居の“恋人”である。

「彼女とはもう10年来の仲ですよ。きっかけはAさんがSMAPの振付を担当したこと。ほどなく交際が始まり、同棲を始めました。交際発覚後、将来が見えないからという理由で距離を置いたと聞きました。そのふたりが、続いていることを知っている人はほとんどいないはずです」(中居を知る関係者)

 中居はこの春、多忙を極める。

「3月で『ナカイの窓』(日本テレビ系)と『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)の放送が終わったため、中居さんは“隔週で月曜と金曜が空く”と話していましたが、ゴールデンウイーク中に新番組が2つスタートします。その1つで、4月27日スタートの『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系、毎週土曜)は、毎週金曜収録のニュース番組。それに向けて人に会ったり、勉強したりと忙しく過ごしているそうです」(テレビ局関係者)

 新時代を新たな気持ちで迎える中、予期せぬ別れもあった。

「25年来の麻雀店と、長年懇意にしていた寿司店が閉店してしまったそうで、かなり悲しんでいます。“どうしようかな”といつもボヤいています」(芸能関係者)

 中居は一度気に入れば、その店を大事にする。それだけでなく、物も大事に使う。自宅にある木製のテーブルも10年以上使い、ところどころ木がはがれているがまだ使っている。椅子もヒビだらけで、炊飯器や洗濯機など電化製品もボロボロだという。

「横着だという人もいますが、中居さんは愛着を持ち続けて使っています。それは人に対しても同じ。真面目すぎる性格だからこそ、ひとりで背負い込んでしまうんですよね…」(前出・中居を知る関係者)

 平成芸能史はSMAPに彩られた。元号発表の際も安倍晋三首相(64才)が『世界に一つだけの花』を引用した。

「そういった報道を目にし、SMAPをああいう形で解散させてしまったままでいいのかと、リーダーとしての責任を感じているそうです」(前出・テレビ局関係者)

◆“もう大丈夫だよ”

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン