• TOP
  • コラム
  • CoCo壱番屋のトッピング、私たちが「ロースカツ」を選ぶ理由

コラム

2019.05.15 15:00  マネーポストWEB

CoCo壱番屋のトッピング、私たちが「ロースカツ」を選ぶ理由

CoCo壱番屋の『ロースカツカレー』、チーズトッピング

 バリエーション豊かなトッピングが人気となっているカレーチェーン「CoCo壱番屋」(以下、ココイチ)。中でも定番のトッピングとして人気なのが「ロースカツ」だ。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏が説明する。

「グランドメニューに掲載されている『ロースカツカレー』は795円(税込、以下同)。トッピングで『ロースカツ』を頼むと290円です。ココイチでは通常の『ロースカツ』の他に、『手仕込みとんかつ』、『手仕込みヒレカツ』というトッピングもありますが、こちらはいずれも463円。つまり、『ロースカツ』は、“リーズナブルな方のとんかつメニュー”という位置づけです。

『ロースカツ』は、ココイチのトッピングの中で、No.1と言っていいほどの人気でしょう。『ロースカツカレー』を基本と考えて、そこにトッピングをするというお客さんも大勢います」

 ココイチの『ロースカツカレー』に魅力について、愛好家たちに話を聞いた。

◆とにかくカツカレーの「安定感」はすごい

 30代の男性会社員・Aさんは、ココイチの大ファン。少なくとも週に2回は行くというが、5割以上の確率で『ロースカツカレー』を注文するという。

「いろいろなトッピングを試しましたが、結局『ロースカツカレー』の安定感がすごい。シンプルにおいしいし、お腹もいっぱいになります。そこに、『チーズ』(217円)とか『ほうれん草』(226円)などのトッピングを追加することも多いです。

 好きなのはやっぱり『チーズ』。最初はテーブルにあるソースをロースカツにかけて、カレーのルーをちょっとずつ絡めながら食べる。途中からは、ロースカツにチーズが入ったルーをたっぷりかけて食べる……といった感じで、お皿の上で味変させながら食べます」

◆野菜系&ロースカツの組み合わせ

 ロースカツカレーに「ほうれん草」、もしくは「やさい」(226円)という組み合わせをよく注文するというのは、20代の女性会社員・Bさんだ。

「ロースカツに野菜系のトッピングというのがマイ定番です。ココイチのロースカツは柔らかくて、脂身も適度だし、とても食べやすい。290円にしては意外と大きいし、満足度も高いです。食べ過ぎが気になる時でも、ロースカツは絶対に外さず、ライスの量を200gに減らすようにしています。

 あと、テーブルにある福神漬をロースカツにのせて食べるのもおいしい。福神漬の甘さが結構ロースカツに合うんです」

◆あえてロースカツ&揚げ物のトッピングも

 ロースカツカレーだけでもそれなりのボリュームはあるはずだが、そこにさらなる揚げ物をトッピングするという愛好家もいる。40代男性会社員・Cさんは、こう話す。

「あくまで『ロースカツカレー』が基本。普通の定食の白ごはんに相当するのが『ロースカツカレー』で、そこにおかず感覚で別の揚げ物をトッピングするんです。

よくやるのが『ソーセージ』(290円)や『パリパリチキン』(290円)。あと『クリームコロッケ(カニ入り)』(209円)なんかも好きですね。いつも以上にガッツリ食べたい時は、『ロースカツカレー』に『チーズインハンバーグ』(308円)をトッピングすることもあります。あと、さらにお腹が空いている時は、そこに『スクランブルエッグ』(154円)を追加することも。

 ココイチのロースカツは、スプーンで簡単に切れる柔らかさで、食べやすい。そして290円という値段もいいですよね。とんかつが食べたいと思った時は、コンビニのとんかつ弁当なんかを買うよりも、ココイチに行きます」

 価格が安くて、安定しておいしいという意見が多い、ココイチのロースカツ。シンプルだからこその魅力が、多くの愛好家を生み出しているようだ。

コメント 2

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス