• TOP
  • 芸能
  • 伊東四朗が語る、『おしん』はリアリズムのドラマだった

芸能

2019.05.28 07:00  週刊ポスト

伊東四朗が語る、『おしん』はリアリズムのドラマだった

伊東四朗は『おしん』でヒロインの父親役を演じた

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優・伊東四朗が、朝の連続テレビ小説『おしん』で、ヒロインの父親役を演じたときについて語った言葉をお届けする。

 * * *
 伊東四朗は一九八三年、爆発的な人気を博した朝の連続テレビ小説『おしん』で、ヒロインの父親役を演じている。

「いちばん驚いたのは、撮影に入る前に本が三十冊ぐらい来たことです。おかげで、一冊だと分からないことが分かりました。

 ただ、これは大変なことだとも思いましたね。橋田壽賀子さんのセリフは長いですから。

 ある時は十ページくらい喋る時があったんですよね。一話の十五分をほとんど一人で喋る。それで、当時は劇中で使うBGMをスタジオに流していました。その場で音付けもしていたんですね。『伊東さん、うまく計算して、音が終わる頃に戸から出ていってくれませんか』って。こりゃ、えらいことを頼まれたと思いましたけどね。だからメロディも覚えてやっていました。

 それから、おしんをやる小林綾子ちゃんをぶつ場面があって。ぶたれてぶっ飛んでいくという。彼女はまだ子供だったから、ある程度本気でぶたないと飛んでいくのも嘘になると思いました。

 その日は事前に綾子ちゃんを呼んで『今日、お父さんはほっぺたをバチーンとぶつけど、びっくりしないでね』と言って、ドアまで飛んでいくくらいぶったこともあります。

 そういう、リアリズムのドラマだったんですよね」

 近年では、大河ドラマ『平清盛』の白河法皇役を演じた際のタイトルロールで、一番上の格の役者のポジションである最後=トメにクレジットされるなど、大物として扱われることも多い。

関連記事

トピックス