スポーツ

交流戦を前に巨人の苦境 内海哲也放出がじわじわ効いてきた

交流戦で大失速!?(時事通信フォト)

 6月4日からプロ野球では交流戦が始まる。2005年のスタートから昨年までの14回のうち、パ・リーグが13回勝ち越した。交流戦の「パ高セ低」は風物詩となっている。

 広島と首位争いする巨人の状況は深刻だ。エース・菅野智之(29)は腰の違和感で登録抹消。交流戦前には再登録される見込みだが、今年の菅野は本調子にはほど遠い。リリーフ陣の層も厚いとはとてもいえない。

 辛口評論で知られる江本孟紀氏が語る。

「打線にも不安が多い。坂本(勇人、30)、丸(佳浩、30)に続く4番の岡本(和真、22)がことごとくチャンスを潰している。現状の投手力では“打ち合い”は避けられないが、パに打ち勝てるかは疑問ですね」

 3度目の就任となった名将・原辰徳監督(60)を取り巻く環境も厳しい。

「GMもヘッドもいない全権監督であることがどう影響するか。監督の存在感だけが突出し、宮本(和知、55)や元木(大介、47)といった経験に乏しいコーチ陣は自分のキャラを抑えて監督の顔色をうかがっている。どんな名監督も時には選択ミスをするが、それを進言できる腹心がいないとね。

 選手の中からリーダーシップを発揮する選手が出てきてほしいところだが、上原(浩治、44)が引退し、さらに菅野が二軍に落ちたことで、精神的支柱がいなくなってしまった。兄貴分だった内海(哲也、37)が西武に人的補償で移籍してしまったことが、ボディーブローのように効いてきている」(スポーツ紙デスク)

 今年の交流戦は、3連戦が6カード予定されている。セの覇権を争う両チームは梅雨の季節を晴れやかに乗り切れるのか。

※週刊ポスト2019年6月7日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン