• TOP
  • コラム
  • 水道橋博士も太鼓判!ポスト『カメ止め!』の最右翼『WE ARE LITTLE ZOMBIES』

コラム

2019.05.30 18:07  BOOK STAND

水道橋博士も太鼓判!ポスト『カメ止め!』の最右翼『WE ARE LITTLE ZOMBIES』

『WE ARE LITTLE ZOMBIES』トークイベントの模様

現在、国内外から高い注目を集めているのは、長久允監督の長編デビュー作『WE ARE LITTLE ZOMBIES』。第35回サンダンス映画祭での審査員特別賞オリジナリティ賞受賞をはじめ、 第 69 回ベルリン国際映画祭では準グランプリにあたるスペシャル・メンション賞を受賞するなど、日本人監督として初の快挙を次々と成し遂げています。

そこでこの度、6月14日(金)の公開に先駆けて、本作を絶賛している漫才コンビ「浅草キッド」の水道橋博士さんと長久監督によるトークイベントが開催されました。

水道橋博士さんが本作に出会ったきっかけとなったのは、劇中に登場するバンド”LITTLE ZOMBIES”の音楽を手がけたLOVE SPREAD。「アメリカからの逆輸入バンドですが、メンバーのRyotaくんが、なんとつまみ枝豆夫人である江口ともみさんの甥っ子さん。ただ、不幸なことに映画が公開される前に突然亡くなってしまったので、遺作ということもあり、ぜひ観てみたいと思ったんです」と意外な繋がりを明かしてくれました。

実際、作品を観た水道橋博士さんは「実は、それほど期待していたわけじゃないんですけど、見事に心を奪われました。これは大傑作だなと。第二の『カメ止め』になるなと思いましたね」と熱弁。

それを聞いて登場したのは、本作を手がけた長久允監督。大手広告代理店でCMプランナーとして働きながら映画監督をしている異色の経歴ということもあり、水道橋博士さんからは「初めてテレビで紹介したときはチャラチャラした男ですと言いました。いかにもコネで撮っているみたいですよね(笑)」とイジられる場面も。

対する監督からは「そんなことないです。嫌われているかもしれないですが、がんばって作っています!」と必死のアピール。さらに、「この映画はほかの方々の目や映画祭で評価されたいというのを考えずに自分の思いだけで作りました。純度が高いがゆえにみなさんがどうおっしゃるかはわからないと思っていたので、水道橋博士さんに絶賛していただいて驚きましたし、感謝しています」といまの心境を語ってくれました。

これまでも水道橋博士さんが何かを見つけてTwitterに上げるのは、世の中が騒ぎ出す半年前と言われていますが、本作についても早くから目をつけていた水道橋博士さん。「少年少女たちの冒険譚のように見えますが、その年代だけが感動する映画ではなく、56歳の僕が観ても『持っていかれた。エモいなぁ』と思うほどの作品です」と魅力についても教えてくれました。

さらに、トークで盛り上がったのは、劇中で大きな役割を果たしている音楽について。「この映画は、120分の映画のなかに90曲も入っているんです。一体、いくつのジャンルの音楽入っているんだと思うくらい変わった曲もありますよね」と驚く水道橋博士さん。それに対して監督からは、「僕はもともとジャズでサックスをしていて、ミュージシャンになりたかったので、いろんな音楽が好きなんです。今回はそれぞれの音楽で感じる感情も違うと思い、それに合わせることにしました」と経緯について言及。

ちなみに、監督が作詞した主題歌に影響を与えているのは電気グルーヴの「N.O.」だという。「何かを持ってはいないけど、それを否定することなく平常心を肯定している歌であり、その気持ちは大事だと感じたのでオマージュさせていただきました」と理由についても説明がありました。

さらに、豪華なキャストが揃ったことについては、「これだけの錚々たるメンバーがよくぞ出演したなと思いました。でも、前作の『そうして私たちはプールに金魚を、』ではサンダンス映画祭ショートフィルム部門で日本人初のグランプリも獲っているし、才能があるとわかるので、長久監督の作品は出ておいた方がいいとみなさんも思いますよね」と水道橋博士さんも納得。

「長編一作目なので、ベストの方々に出ていただきたくて、シナリオと一緒にお手紙を書かせていただいたりもしました。みなさんに出て頂けて、僕も本当に驚いています」と監督からもキャスティングの裏側を明かしてもらいました。

今回は事前に絵コンテだけでなく、スタッフとビデオコンテを作成し、撮影前に全部のアングルを決めていたというほどのこだわりを見せている本作。最後に改めて見どころを教えていただきました。水道橋博士さんは、「無駄なカットがないので、見逃していいシーンがないんです。この映画はおそらく20年、30年後まで残る作品です。令和元年における邦画の傑作が出たなという感じなので、ぜひ口コミで広めてください」とコメント。

そして、監督からは「好き嫌いもあるかもしれないですが、楽しんでいただけたらうれしいです。エンドロールのあとまで大事に作っていますので、ぜひ最後まで観てください」と熱い思いを伝えてもらいました。

令和という新たな時代の始まりに、映画界でも新たな旋風が巻き起こる予感でいっぱいの『WE ARE LITTLE ZOMBIES』。ぜひ、劇場でその瞬間を目撃してみてはいかがでしょうか。

***

『WE ARE LITTLE ZOMBIES』
6月14日(金)より全国ロードショー

脚本・監督:長久允
出演:二宮慶多 水野哲志 奥村門土 中島セナ 佐々木蔵之介 工藤夕貴 池松壮亮 初音映莉子 村上淳 西田尚美 佐野史郎 菊地凛子 永瀬正敏
配給:日活

2019/日本映画/120分
公式サイト:https://littlezombies.jp/
©2019″WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

関連記事

トピックス