• TOP
  • コラム
  • 自営業だと保育園に合格しにくいって本当?

コラム

2019.06.08 12:00  たまGoo!

自営業だと保育園に合格しにくいって本当?

自営業だと保育園に合格しにくいって本当?

共稼ぎの家庭は保育園に入りやすいというのみなさんご存じだと思います。では自営業でご家庭はこれにあてはますのでしょうか?自営業だと子どもが保育園に合格しづらいとのうわさもあるようですが、真相はどうなのでしょうか?ここでは、自営業者が本当に保育園に合格しにくいのかについて、見ていきましょう。

認可保育園に入るには何が必要?

子どもを預けながら働く方法の一つに、保育園に入園させる方法があります。しかし、入園するまでがわかりづらい、手続きが煩雑といった声も多く聞かれます。だからこそ、自営業者だとなかなか保育園に合格しにくいといううわさも出てきているのではないでしょうか?保育園に入るには、何が必要なのかを確認していきましょう。

保育園に入るまでの流れを簡単におさらい

認可保育園に入園するには、4月入園だとすると、そのはるか前の段階から準備を始めなくてはなりません。具体的には、前年度の8月から9月頃・お盆の終わりあたりには用意を始めておくとよいでしょう。まずは、10月から12月に例年行われる認可保育園の募集に申し込みをする必要があります。これは自治体に対して行うことになります。そして、翌年に入園選考が行われ、合格すれば晴れて4月から入園となるのです。

選考基準を押さえることが入園への鍵

認可保育園の場合は、選考基準というものがあります。つまり、誰でも認可保育園に入園できるというわけではないのです。認可保育園に入園することができる条件は、「両親の代わりに認可保育園で保育をすることが必要だ」と認められること。原則的には父母が両方働いていて、日中子どもを見る人がいないという状況を国に認めてもらう必要があります。最低限この状況をクリアしなければ、認可保育園に入園することは難しいのが現実です。

認可保育園に入る際に必要な書類は?

認可保育園に申し込みを行う際には、いくつかの必要な書類があります。まず、入園を希望している認可保育園の申込書をそろえておいてください。ちなみにこの時、第一希望の保育園にスムーズに入れるとは限りませんので、第2希望・第3希望以降の保育園の名前も書いておく必要があります。また、保護者が「なぜ保育ができないのか」という説明書や、証明書類なども必要になります。このあたりが自営業者にとって、ネックになる部分でもあります。その他、祖父母の状況についても、申告する必要があります。

自営業者も入園しやすくなる方法とは

自営業者は、時間の都合がつきやすいというイメージがあり、入園しにくいといううわさもあります。そんな自営業者でも、認可保育園に入園しやすい方法はあるのでしょうか?以下に、自営業者も入園しやすくなる方法を、具体的に押さえるべきポイントと共にご紹介します。

そもそも自営業者と個人事業主は同じ?

自営業者と個人事業主は、原則的に同じものとして扱われます。自営業者というのは、工務店やカフェ、お花屋さんなどを自分で経営したりお店をやっているなど、誰にも雇われずに自分で働いたり何かを経営している人ということになります。ちなみに、自分で展開している個人事業が大きくなってくると法人化をすることになりますが、法人の代表をしていても、自営業者として扱われることになります。いずれにしても経営者という立場であれば、自営業者としてカウントされるのです。

自営業者は選考基準に不利なの?

自営業者であること自体が、認可保育園の選考基準で不利になることはありません。ただ、認可保育園入園は基本的に家庭の事情やさまざまな状況を考慮したポイント制が導入されています。そのため、自営業者の場合はいかにポイントを高く稼ぎ、入園の必要性が高いと判断してもらえるかが鍵になります。「ポイントを得るための方法」を押さえて、しっかり「保活」していきましょう。

自営業が保活で押さえるポイントはある?

自営業者が保活する場合に一番重要なのは、きちんと「個人事業としてフルタイムの勤務をしている点」を証明することになります。しかし、その前にその事業がきちんとした実体のあるものかどうかを証明しなければなりませんので、開業届を出していることはマストだといえるでしょう。まれに個人事業を始めたばかりで、まだ開業届が提出されていないケースもありますが、これは保育園の入園審査でマイナスに働いてしまう可能性があります。できる限り、申し込みの時までに開業届は提出しておくようにしたいところです。ちなみに、法人の場合は法人の登記簿などを提出するとよいでしょう。

自営業者の保活Q&Aについて見てみよう

自営業者の保活についても、Q&A形式でお伝えします。何かと疑問の絶えない自営業者による保活。実際に手続きをしてみないとなかなか見えてこない部分もあり、事前のリサーチは必要です。しっかりと疑問点を解決して、保育園の入園審査に臨むようにしたいですね。

フリーランスは自営業者?保活に不利なの?

フリーランスとして働いている方も多くなってきましたが、フリーランスも自営業者です。ただし、自営業者とは少し違い、「自宅勤務」というイメージがあるのは事実ですよね。このイメージはどうしても払拭(ふっしょく)しづらいので、できる限り有利に審査を運ぶためには、「フリーランスとして活動しているけれども、事務所は自宅ではない」という証明を出したり、普段から外回りが多くて客先常駐のような形で働いているという証明をしたりするのもポイントです。この時に必要なのは、仕事の実績などを証明できる資料と、事務所やコワーキングスペースなどの領収書などもあれば、なおよいでしょう。

業務委託は自営業なの?保活に不利?

業務委託契約の中で働いている方も、いることでしょう。業務委託契約で働いている方は自営業なのでしょうか?これは委託の内容によって、判断の分かれるところとなります。例えば、建設関係の業界で働いている場合、業務委託の「一人社長さん」というケースもあるでしょう。しかし、客先常駐の様な形態だと、自営業としてみなされないこともあります。また、業界によっては業務委託契約書そのものが存在しないケースも。これだと働いていることの証明すらできなくなってしまいますので、自分の雇用形態をまず確認し、契約書などがあるかどうかも併せてチェックしてくださいね。

自営業やフリーランスの就労証明方法とは

自営業やフリーランスの場合は、就労状況申告書という書類があります。この書類はどのくらい働いているかという内容を、職場の人に記入してもらう書類となります。しかし、自営業者やフリーランスの場合は、書いてもらうべき人がいません。そのため、自分で書くこととなります。この書類に、自分の就労時間や業務内容、売り上げを記入し、申し込みの際には、自分で記入した就労状況申告書を提出してください。その上で、各種契約書なども添付できるとベストだといってよいでしょう。

おわりに

自営業だと保育園に合格しにくいというのは、必ずしも事実ではありません。ただ、自営業やフリーランスの場合は、就労状況の証明が通常よりも難しいため、多少苦労することはありそうです。特に、在宅勤務だとみなされると大きな減点対象になりますので、このあたりの対策はしっかりと立てておきましょう。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

関連記事

トピックス