芸能

宮迫博之の息子、「宮迫」の姓を捨て実力で芸人目指す男気

振り込め詐欺グループの忘年会に出席し、「無期限謹慎」となった宮迫

 闇営業問題で謹慎処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49才)だが、その息子がお笑いの世界に足を踏み入れていたことがわかった。

 現在、とあるお笑いコンビでツッコミを担当するのが、宮迫の息子である陸くん(18才)だ。中学2年生の時には友人とお笑いコンビを結成。めきめきと頭角を現し、高校生の時には知られた存在に。高校生の全国漫才大会にも出場し、トップクラスの人気を集めた。高校3年生の時には150人収容のホールを満席にした“実績”もある。

 今年4月、大学に進学するとお笑いサークルに所属。今では月に3~5本のペースでお笑いライブに出場し、腕を磨いているという。

 だが、宮迫は息子の活躍を不安に思っていたようだ。宮迫は過去のインタビューで、陸くんが「芸人になりたい」と口にした際に、「二世芸人で成功しているケースは少ない。正直いって勧めない」と語っている。

「宮迫さんは下積みが長く苦労人です。後輩のナインティナインが先に東京で売れたという屈辱も味わい、やっとの思いで東京進出を果たしたものの仕事がなく、大きな挫折を味わった。芸人として成功するのがどれだけ大変かを知っているからこそ、息子には芸人を目指してほしくないという気持ちだったんでしょう」(芸能関係者)

 宮迫はバラエティー番組でもたびたび息子のエピソードを披露するなど、子煩悩でも知られてきた。陸くんが幼い頃から彼のために毎朝弁当を作り、それは彼が高校を卒業するまで続いたという。

「2012年に胃がんを患った時も、胃がんのことを報道で知られる前に、“少しでもショックを和らげよう”と、当時小学6年生だった陸くんに、病気を打ち明けたそうです。泣かれることを覚悟していたそうですが、陸くんから返ってきたのは“大丈夫。パパは絶対に大丈夫。すごい人やから大丈夫”という言葉だった。宮迫さんは号泣して“この子をひとりにはさせへん。絶対に治さなあかん”と決意したそうです」(宮迫の知人)

 そんな父親の思いを知ったうえで、本気でお笑い芸人の道を踏み出した長男。

関連記事

トピックス

留任となった茂木敏充・幹事長(時事通信フォト)
【内閣改造の内幕】茂木敏充・幹事長の留任の裏に麻生副総裁との「来年の総裁選への不出馬密約」あったか
週刊ポスト
堺雅人(時事通信フォト)
《アクマゲーム》『VIVANT』超え狙う日テレ、水面下で社運賭けて制作する「新ドラマ」の全容
NEWSポストセブン
だいたひかる、がん治療と不妊治療の命懸けの両立 がん患者に伝えたい「乳がんになっても妊娠は不可能ではない」
だいたひかる、がん治療と不妊治療の命懸けの両立 がん患者に伝えたい「乳がんになっても妊娠は不可能ではない」
女性セブン
壮絶な少年時代を送っていた姫野和樹(時事通信フォト)
【日本代表・姫野和樹】貧しかった少年時代「道具代があまりかからない」とラグビー部に入部、選手としての成功が“希望の光”に
週刊ポスト
01-01
山口真由さんが語る「自分の弱点」と「経験できなかった青春」 『スラムダンク』『白線流し』に夢中
NEWSポストセブン
西川のりお(2021年5月撮影)
「僕は与党を脅かす、野党の漫才師になりたい」芸歴50年超・西川のりおが語る「けったくそ悪い」の精神
NEWSポストセブン
天海祐希(時事通信フォト)
《延期中》映画『緊急取調室』市川猿之助の代役難航、年内の公開断念「主要キャストの年内スケジュールも取れず」
NEWSポストセブン
昨年は甲子園に出場した村田浩明監督だが…
【ブチギレ音声/「頭がおかしいんじゃねぇか!」】名門・横浜高校野球部の村田浩明監督 試合後、球児に怒号で現場騒然 ハラスメント行為かの問いに学校の見解は
週刊ポスト
羽生結弦(写真は2022年)
【全文公開】羽生結弦を射止めた「社長令嬢のバイオリニスト」実家は“安倍元首相との太いパイプ”の華麗なる一族
女性セブン
ゆたぼん
ゆたぼん「中学校に登校宣言」と「父親ブロックで“親離れ”」YouTuberとしての未来はどうなるのか
NEWSポストセブン
フジ・宮司愛海アナ(右)と常田俊太郎氏
【全文公開】フジ・宮司愛海アナ、東大卒実業家兼音楽家と育んでいた半同棲愛 本人は「うふふふ」
週刊ポスト
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦と結婚の末延麻裕子さんの関係は“憧れのプルシェンコ”にリンクする 「スケーターとバイオリニストの相性はいい」
NEWSポストセブン