国内

暴力団の宴会、半グレと違い芸人を呼んだら「写真を撮るな」

ノンフィクション作家の溝口敦氏

 反社グループへの芸人の闇営業問題が連日、メディアを賑わせている。ヤクザ取材を専門にしてきたノンフィクション作家の溝口敦氏とフリーライターの鈴木智彦氏が、なぜマスコミは事の本質に突っ込まないのか──新聞やテレビの暴力団報道の問題点を突いた。

鈴木:吉本芸人の報道を見ていて、暴力団の宴会だったら普通はバレないのにな、と思いました。俺が知っているヤクザはよく宴会に芸人を呼ぶから何度も同席したことがあるけど、その時は「絶対に写真を撮るな」って何度も言われる。「お前が流すとは思ってないけどカメラに写真があったら何があるか分からないだろ」って、それぐらいナーバスですよ。むしろ相手が半グレの詐欺集団だったからバレたんじゃないか。

溝口:報道を見ておかしいと思うのが、「芸人が反社会的勢力からお金をもらうのが問題だ」ってみんな言うけど、芸人のことばっかり言って、反社会的勢力の側に突っ込んだ記事はないんですよ。吉本興業の今回の処分を見ると、これまで芸人が関係を結んではならない相手は暴力団だけだったが、今回はそれを、特殊詐欺を行なう反社会的勢力にまで拡大した。これは新しい対応なんです。しかし、そのことが新聞やテレビでは触れられていない。

鈴木:その後に発覚したスリムクラブ(内間政成・真栄田賢)の場合は従来型の暴力団の宴会写真ですよね。詐欺で逮捕された犯罪集団と、暴対法で一応は存在を認められている暴力団とは質的に違うだろうと俺は思うんだけど、そこには興味がないんでしょうね。

溝口:半グレが詐欺で稼いだお金が暴力団の資金源になる、と解説されているけど、個人の上納金ならともかく、そんなことが組織的に行なわれているなんて聞いたことない。

鈴木:半グレの奴らはヤクザが嫌いですもんね(笑い)。警察はなんでもかんでも「暴力団の資金源」にしたがるから、その通りに書いているだけ。大本営発表ってやつですよ。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン