• TOP
  • 芸能
  • 窪田正孝、松田翔太と焼肉店&バーはしご打ち上げ7時間

芸能

2019.07.26 16:00  女性セブン

窪田正孝、松田翔太と焼肉店&バーはしご打ち上げ7時間

揃ってホワイトスタイル

「天然というか不思議な空気感がとにかくいい」(30代会社員)、「初めは意識していなかったのに、ドラマを見るたびにハマってます」(40代パート主婦)と人気なのは俳優・窪田正孝(30才)。

 平成最後の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)の天才放射線医師役も話題に。最終回には「ラジロス」「窪田正孝ロス」といわれたが、今やテレビ、映画、舞台、CMに引っ張りだこで顔を見ない日はないほど。

 その窪田の最新主演映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』が7月19日に公開された。

 人気コミックを映画化した『東京喰種 トーキョーグール』(2017年)の続編で、窪田は人を喰らわないと生きられない喰種(グール)と人間のハーフ「半喰種」になってしまった金木研役。見所は、宿敵として登場する史上最悪の喰種「美食家(グルメ)」、月山習を演じる松田翔太(33才)との“セクシー”な絡みだ。

穴の空いたTシャツスタイルの山本舞香

 その窪田と松田が、初日舞台挨拶を終えた夜9時、東京・銀座に姿を現した。

「窪田さんも松田さんも異様なオーラを放っていて、とてつもなくかっこよかったです」(居合わせた客)

 2人は焼肉店に入るも入店から30分もすると店を後に。映画で共演する山本舞香(21才)の姿もあった。一行は夜の銀座を歩き始め、次に入ったのは、なんと再び焼肉店。

「そこは銀座でも最高級といわれる焼肉店で、芸能人が通う店としても知られています。その日は映画のスタッフらと舞台挨拶後の飲み会でしたよ」(映画関係者)

 時折、窪田と松田、山本の3人は店の外に出てきてたばこを一服する様子もあった。その後、一行が出てきたのは日付が変わった頃。山本は窪田と松田とガッチリ握手を交わすと車に乗り込んだ。

 だが、窪田と松田の夜は、それからが始まりだった。

共演の山本舞香も飲み会を楽しんだ

関連記事

トピックス