芸能

Toshl 絵画個展初開催で告白「サプライズは羽生結弦さん」

新たな分野に挑戦するToshl(本人のInstagramより)

新たな分野に挑戦するToshl(本人のInstagramより)

 昨今、アーティスト活動以外に、バラエティ番組やクイズ番組に出演し、意外な姿を見せ続けているToshlが、さらに驚く“変身”を遂げた。絵画の個展を歴史ある東京・上野の森美術館で開催することが決まった。Toshlは、現在「龍玄とし」として活動の幅を広げているが、絵画展はその龍玄とし名義で開く。

「展示されるのはToshlさんが、自分の楽曲を絵として表現したものです。ミュージシャンで絵を描く人は少なくありませんが、自らが作詞・作曲した音を描くというコンセプトのアート表現は日本を代表するシンガーでありミュージシャンである彼ならでは。他に例を見たことがありません。これまでにない世界観を味わうことができると美術関係者たちの間でも話題になっています」(展示会関係者)

 展示会の名前は『マスカレイド・展』(音の世界を、描く)。マスカレイドとはToshlのソロ曲で、先日開催されたアイスショー『ファンタジー・オン・アイス2019』で、あの羽生結弦選手が踊った曲としても知られる。Toshlはこれまでたびたび自身の番組『ニコニコ生放送 CRYSTAL ROCK チャンネル』でその思いを語ってきた。

「僕はビートたけしさんのファンなんです。たけしさんは、本業はもちろん、それ以外の分野にも積極的にチャレンジしています。映画監督、役者、作家、画家……常に自分の可能性を広げていますよね。僕も、最近はバラエティ番組に出演したり、小説の執筆を始めたりしているのですが、別分野に挑むと新しい発見がたくさん見つかる。その楽しさに気づき、絵を描いてみようと思ったんです。絵については素人なので、戸惑いながらのスタートでした。途中で野性爆弾のくっきーさんから“絵は習っていないほうが自由でいいんですよ”って、背中を押してもらってからはスムーズに描けました」

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン