• TOP
  • コラム
  • 【たまGoo!取材】子どもの側で働きたい。保育施設併設シェアオフィス「マフィス北参道」の魅力

コラム

2019.07.29 12:00  たまGoo!

【たまGoo!取材】子どもの側で働きたい。保育施設併設シェアオフィス「マフィス北参道」の魅力

【たまGoo!取材】子どもの側で働きたい。保育施設併設シェアオフィス「マフィス北参道」の魅力

仕事も子育ても大切にしたい、フルタイムじゃないから保育園に入れない、保育園への送迎時間を短縮したい・・・働くママ&パパなら誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか?そんな願いをかなえてくれる場所が企業主導型保育施設を併設したシェアオフィス「Maffice(マフィス)」です。今回はマフィスの特徴、こだわりなどをたまGoo!編集部がレポートします。さらに利用者ママの生の声もお届けします。

マフィス北参道の保育室

マフィスは現在、北参道と横濱元町の2カ所にオープンしています。今回編集部が伺ったのは「マフィス北参道」。
マフィス北参道は2階がシェアオフィススペース、3階が保育スペースになっていて、お子さんを預けながらママ&パパはその近くで仕事をすることができます。フロアが完全に別なので、子どもの近くにいながらも仕事に集中することができるのが魅力的。まずは保育スペースについて、PRマネージャーの宮﨑さんと、施設長で保育士の鶴海さんにお話を伺ってきました。

利用者さんは多方面から

都心にあるマフィス北参道の利用者さんはこの周辺に限らず、多方面からいらっしゃるそう。副都心線、大江戸線を利用される方、南新宿から歩いて来る方などさまざま。
マフィスのコンセプトは「オフィスと家と保育園の三角形をより小さくする」こと。オフィスと保育園が隣接したことで、家もマフィスの近くに引っ越しされる方も何人かいらっしゃるとか!

受け入れ人数は?

現在マフィスの保育園でお預かりしているお子さんは23名で、最大受け入れ人数は27名。保育士さんは同時に7名はいるようにしているそうです。空きがあれば一時預かりも可能です。

一日の保育の流れ

主な一日の流れは、午前中は晴れていたらお散歩へ行くことが多く、その他季節に合わせた工作をしたり歌をうたったりします。月に2回は講師の方を呼んでリトミックも行うなど、とても活動的です。

【一日の流れ】

8:00~ 9:30順次登園
9:30~ 9:45朝の会
9:45~11:00お散歩・リトミック・イベントetc
11:00~11:15身支度
11:15~12:00給食
12:00~14:00お昼寝
14:00~15:00自由遊び
15:00~15:30おやつ
15:30~16:30午後の活動
16:30~17:00お帰りの会
17:00~順次降園

マフィス保育室のこだわり

オフィスと保育園が隣接されている、マフィスならではのこだわりを伺いました。

授乳室完備

マフィスの保育室には授乳室が完備されていました。早々に仕事復帰する必要があるけれども、授乳は続けていきたい方が多くいらっしゃるそうです。授乳の時間になるとオフィスまで声をかけてくれるから安心。

子どものそばで働ける

オフィスと保育スペースが近いので、「うちの子、どんな様子かな?」と気になったら気軽に見に行くことができます。また、自分の子どもに離乳食や給食を介助しにいらっしゃる方もいるそうです。

連絡帳はスマホで

マフィスではノートの連絡帳ではなく、「キッズリー」というアプリを利用していました。
朝、保護者の方がスマホから予定やお子さんの状態を書き込み、日中保育士さんは園での様子を写真付きでアップしてくれます。忙しいママでも空いた時間に書き込めます。
PRマネージャーの宮﨑さんは「アプリにすることで、お父さまが見てくれる率が高まっているようです。登録していただければ祖父母の方も見ることができるので喜ばれています」とおっしゃっていました。

オリジナルの保育士さんエプロン

保育士さんがしているエプロンはなんとマフィスオリジナル!
「オフィスと同じ空間を共有することがあるので、大人の空間にもあうものを」と製作したエプロンはしゃがんでも腰が見えない、ポケットは深め、ひもを使用していない、汚れが目立たない色などのポイントがあるそうですよ。

味覚を育てる給食

取材日の献立:ごはん メカジキのトマトソースソテー ゴーヤのおかか和え もずくと豚肉のスープ

給食は「子どもの味覚の育て方」講座やメディアでの連載を持つ、とけいじ千絵さんが監修されています。味覚が成長する大切な時期に、五味をバランスよく取り入れ、旬の食材を使用した安心、安全な給食を提供しています。
また、春菊やあしたばなど、普段家庭の食卓にあまり並ばない食材も、おいしく食べられるように工夫して積極的に給食に出してくれます。

そして珍しいのが「異文化を取り入れる」をテーマに、月に1回各国の料理を出しているところ!
最初はモナコから始まり、今月はペルー料理。その国の音楽や洋服の違いなどを見せながら、楽しく食育しているそうです。さらに希望すれば、夕飯も提供してもらえます。

保護者とコミュニケーション

「保護者の方とのコミュニケーションを大切にしています。」と保育士の鶴海さん。
「今日はどんな遊びをしたか、何を頑張ったか、お子さんの細かい部分まで報告できるようにしています。
そして保護者の方が今仕事で忙しいのか、余裕があるのかなどを把握して、ちょっとした悩みも言ってもらえるような温かい空気感や雰囲気づくりを心掛けています。」
お子さんだけではなく保護者にも寄り添った保育をされていました。

手ぶら登園が可能に

保護者にうれしいサービスとして10月から「手ぶら登園」が始まります。おむつや布団の準備、洋服の洗濯まですべてマフィスで行ってくれるそうです!たくさんある子どもの荷物を持ち歩かなくても、仕事道具だけ持参すれば保育園へは手ぶらで登園できます。

オフィス空間

日差しがたっぷりはいる窓際のラウンジ

続いては、2階にあるオフィススペースをご紹介します。設備はフリーデスク、ミーティングルーム、スモールオフィス、ラウンジがあり、wifi完備で、複合機も用意されています。なんとオフィスは24時間利用可能!

オフィスは大人の空間

オフィスは大人のスペースなので、お子さん連れでの利用はNGになっています。保育サービスを利用せずオフィスだけを借りている方も実は多くいらっしゃるそうです。
利用状況を伺うと、「個室スペースはすべてそうですし、スポットで利用される方も保育施設を併用されていない方が多いですね。利用者の約2~3割の方がオフィススペースのみを利用されています。
マフィスを利用していただくことで、“子どもの近くで働く環境もあるんだな”と知ってもらえる機会になればいいなと思います。」

人材派遣サービス「オクシイキャリア」

マフィスでは人材派遣サービスも行っています。社会から離れてしまった方や、仕事がないと保育園に入れない…、出産退職したけど社会復帰のチャンスがない、という方のために、子育てしながらのキャリアづくりをサポートしてくれます。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス