スポーツ

日テレ・巨人戦中継「ゴールデン帯で視聴率5.1%」の落胆

原辰徳監督の通算1000勝達成で注目されるかと思いきや…(写真:時事通信フォト)

「20年前、巨人戦中継は毎試合のように地上波で放送され、視聴率20%を取っていた」──。そう言っても、今の20代以下には信じられないかもしれない。7月31日、日本テレビ系で放送された巨人対広島戦は視聴率5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)。昨年限りで監督を退任した高橋由伸氏、二岡智宏氏という巨人OBを解説に迎えたが、同時間帯のテレビ東京系『一茂&良純の自由すぎるTV』の6.1%にも敗れ、ゴールデン帯の中で最も視聴率の低い番組となった。テレビ局関係者が話す。

「現在、セ・リーグ首位の巨人にとって、3位広島、2位DeNAと続く今週の6連戦は5年ぶりの優勝を実現できるかどうかの注目カード。しかも、中継前日の30日には原辰徳監督が通算1000勝を達成し、翌日のスポーツ紙でも大々的に特集が組まれた。ファンにとっては大きな話題でしたが、巨人ファン以外には興味のない出来事だったのかもしれません」(以下同)

 試合展開も、序盤に広島が3点をリードしたが、7回に巨人・ゲレーロが2ランを放ち、1点差に。その後、2死満塁で坂本勇人に回り、球場は盛り上がりを見せた。結局、坂本は打ち取られ、そのまま広島が3対2で勝利したが、見所の多い接戦だった。

「この日は試合開始の6時からはBS日テレ、7時からは地上波の日本テレビ、8時54分からBS日テレというリレーナイターであり、『BSでも放送していたから数字が良くなかった』という言い訳は通用しない。もう何年も前から分かっていることですが、プロ野球のレギュラーシーズンで視聴率を獲ることは厳しい」

 日本テレビは、なぜ「この日」に巨人戦を地上波中継したのか。

「日テレは巨人との関係もあるので、年に数試合は放送しないといけない義務感を持っている。かといって、なるべく高視聴率番組の放送を取りやめることはしたくない。水曜19時台の『衝撃のアノ人に会ってみた!』はスポーツ局制作ですし、4月のスタートから今まで1度も2ケタを獲っていない。そうしたことも考慮して、巨人戦中継を水曜のこの日に設定したのだと思います。ただ、『衝撃のアノ人』も前週24日の2時間スペシャルは9.1%で、過去2番目に良い数字だった。せっかく上昇気流に乗った翌週、巨人戦のため放送できなかったのは痛いですね」

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン