国内

許永中氏の独占告白 今明かされる「かくれんぼ生活」の実態

「戦後最大のフィクサー」が独占告白

 戦後日本の政財界には、「フィクサー」と呼ばれる男たちが裏で蠢いていた。だが、この男はスケールが違う。イトマン事件、石橋産業事件など名だたるバブル経済事件でその名が取り沙汰された許永中は、政財界から巨大商社、銀行、メディア、そして闇社会まで、あらゆる世界で隠然たる力を持ち、魑魅魍魎の間を縦横無尽に駆け抜けた。

 許永中氏(72)は、いかにして「戦後最大のフィクサー」となったのか。財界人との交流の裏にあった在日人脈、そして社会を騒然とさせた「保釈中の失踪」について、初めて明かした。

 * * *
 慰安婦問題、徴用工に輸出規制と、今日の日韓関係は戦後最悪といっていいでしょう。そこには政治的意図もありますが、反日嫌韓を煽られて最もつらい思いをしているのは誰か。それは在日韓国・朝鮮人です。双方の悪意がぶつかる接点に立たされ、理不尽な怒りを向けられることもある。日本で生まれながら日本人扱いされず、母国に帰っても韓国人とはみなされない。歴史に翻弄され続ける孤独な存在です。

 しかし、日韓の“狭間”で生きてきた我々在日だからこそできることも、またある。戦後日本で在日がどのように生きて、これから何を成せるのか。私の半生を語ることで、それが伝わればと願っています。

〈7月初旬、韓国・ソウルのホテルの一室で口を開いた男性は、在日韓国人実業家の許永中氏。1991年にイトマン事件、2000年に石橋産業事件(いずれも後述)で逮捕、有罪判決を受けた、「戦後最大のフィクサー」と呼ばれた人物である。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト