• TOP
  • コラム
  • 「上級高齢者/下級高齢者」の残酷な分断 3割が資産2000万円超で3割が資産ゼロ

コラム

2019.08.06 15:00  マネーポストWEB

「上級高齢者/下級高齢者」の残酷な分断 3割が資産2000万円超で3割が資産ゼロ

高齢者が「上級/下級」に分断されているという残酷な現実

 一見、同じような生活をしていても、幸せな老後を迎えられるひとと、悲惨な結末を迎えるひとに分断されている。新著『上級国民/下級国民』が話題の作家の橘玲氏が明かす、誰も口に出せない「老後格差」の真実――。

 * * *
 今年4月、東京・池袋の横断歩道で87歳の男性が運転する車が暴走、31歳の母親と3歳の娘がはねられて死亡した。この事故をめぐってネット上で飛び交ったのが「上級国民/下級国民」という奇妙な言葉だ。

 事故を起こしたのは元高級官僚で、退官後も業界団体の会長や大手機械メーカーの取締役などを歴任していた。この男性は逮捕されなかった一方で、その2日後に2人をはねて死亡させる事故を起こした神戸市営バスの運転手は現行犯逮捕された。ここから、〈池袋の元高級官僚は“上級国民”だから逮捕されず、マスコミも“さんづけ”で報道しているが、バス運転手が逮捕されたのは“下級国民”だからに違いない〉という話が、ネット上で急速に広まったのだ。

 すでに報じられているように、元高級官僚が逮捕されなかったのは高齢であった上に事故による骨折で入院していたからで、“さんづけ”で報道されたのは「容疑者」の表記が逮捕や指名手配された場合にしか使えないためだ。

 だが、こうした理屈はネット上では全く受け入れられなかった。「上級/下級」という表現は、「個人の努力など何一つ役に立たない冷酷な自然法則のようなものが存在するのではないか」――という人々の不安を反映したものなのだろう。

 参院選でも大きな争点となった「老後資金2000万円不足問題」が大炎上したのも、同じ不安を背景にしている。

 発火点となった金融庁の報告書では、「平均的な世帯」は持ち家で2000万円程度の金融資産を保有しているとされる。だが金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」では、2000万円以上の金融資産を保有しているのは、70歳以上の世帯の27.9%に過ぎない。

「平均以下」だといわれた残りの7割超が、“「下級高齢者」として生きていくしかない”と宣告されたと考え、怒りや不安に駆られたことで政界を揺るがす大騒ぎになったのだろう。

 同じ調査では、70歳以上の世帯の28.6%が「金融資産を保有していない」と回答している。数にして700万人にも上り、高齢化の進行によってこの層が1000万人に達するのも時間の問題だろう。

 日本の高齢者は、裕福な3割(上級高齢者)と年金以外に生きていく術がない3割(下級高齢者)に分断されているのだ。

◆橘玲(たちばな・あきら):1959年生まれ。作家。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎文庫)、『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)などベストセラー多数。新刊『上級国民/下級国民』(小学館新書)が話題。

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

関連記事

トピックス