• TOP
  • コラム
  • ナタリー・ポートマン、「女性は見た目」の考え方を痛烈批判

コラム

2019.08.07 11:00  ダイエット ポストセブン

ナタリー・ポートマン、「女性は見た目」の考え方を痛烈批判

ナタリーが登場した英版『ハーパーズ・バザー』誌9月号の表紙

ナタリー・ポートマンが、ルックスで判断されることに“闘う宣言”!

13歳でデビューを果たしたナタリーは、見た目で判断されがちな女性の立場にについて、美で個人の価値を決める、その軽率な価値観を批判している。

ナタリーは、英版『ハーパーズ・バザー』誌9月号掲載のインタビューで「女性として、ルックスのみで価値評価されることと常に闘っている。他人のまなざしや意見で定義されるなんて、とても軽薄なこと」「そして美とは、 つかの間のもの。時間に閉じ込めることができないもの。蝶のように、はかない命ね」「意味ある生きるに値する人生を送るには、美に甘んじてはならないわ」と語った。

また、夫・バンジャマン・ミルピエとの間にアレフ君(8)とアマリアちゃん(2)がいるナタリーは、女性は怒りの感情を持たないものと刷り込まれているとして、こう続けた。

「私たちは、怒りの感情を持たないと教えられてきたわ。その代わり、悲しいとか動揺していると感じるのよ」

「そして、このことを認識したとき、私の心の中で何かが突然変わった。これまで涙が込み上げてきたときは、実は私は怒っていたってことがわかったの。ただ、その表現の仕方を知らなかったのよ」

一方で、リース・ウィザースプーンが製作を手掛ける新作映画『ルーシー・イン・ザ・スカイ』で宇宙飛行士ルーシー・コーラを演じるナタリーは、リースを含む女性たちが立ち上げたセクハラ撲滅を目指すタイムズ・アップ運動に非常にインスパイアされたという。

「リース・ウィザースプーン、アメリカ・フェレーラ、ケリー・ワシントンなどタイムズ・アップを通して出会った多くの女性に、とてもインスパイアされたわ。彼女たちは、すばらしくクリエイティブな仕事をして、製作、出演、監督も手掛け、家族の世話もきちんとしている」

「インスピレーショナルな運動家であると同時に、すばらしい友人。手が一杯だと感じたときはいつも彼女たちのことを思い出し、もっとできると思い直すのよ」

人気女優でありながら自身の考えを積極的に発信するナタリー。ブレないその姿勢に多くの共感の声が広がっている。

提供/Bangshowbiz

●「服を捨てない」ケイト・ブランシェットのファッション哲学
●脂肪吸引手術が原因!?ヒップホップ歌手が体調不良で休業
●ウィル・アイ・アムがヴィーガン生活で3.6kgの減量に成功
●ミランダ・カー、産後たるんだお腹が永遠に戻らなくてもいい
●メリー・ポピンズ役エミリー、昔は服のセンスが独特だった!?

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス