ビジネス

マンション購入 駆け込み需要で10~15%の値引き交渉できる

消費増税前に起こりそうなマンション駆け込み需要

消費増税前に起こりそうなマンション駆け込み需要

 消費税率10%への引き上げが迫ってきた。過去に行われた消費増税と同様、事前の“駆け込み需要”があらゆるモノで起きるのではないかと予想されているが、もっとも増税前後で価格差が大きいのは、高額な買い物であるマイホームだろう。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が、駆け込み需要を逆手に取った「賢いマンション値引き術」を伝授する。

 * * *
 先日、とあるマンションデベロッパーの仕入れ担当者と親しく話す機会があった。業界の内輪話はそれなりに面白い。ただ、彼の言っていたことで、非常に気になるフレーズがあった。

「歴史上初めてではないですか。マンションデベロッパーがただ『名を残す』ためだけに開発事業をやっているのは……」

 どういうことなのか。彼の説明によると、大手不動産会社のマンション開発部門はどこも儲かっていない。だいたいの物件は、事業計画を作成した時点で営業利益は5%から10%程度だという。しかも、数年後にその物件の全住戸を完売できたとしても、実際に残る利益は2%や3%がザラで、中には赤字になってしまう場合もあるという。

 売れなくて値引きをすると利益率はますます下がる。販売期間が長引くことでモデルルームの維持費などが嵩むこともある。銀行への利払いもあるはずだ。

 その儲からないマンション開発をなぜ続けるかというと、事業を展開していることで自社の市場での存在感やイメージを維持しておくためである。私から見ると、いかにも日本的サラリーマン企業の発想である。そういう発想で事業を継続している企業の幹部クラスにとっては、自分たちの定年まで会社が存続して、まともに退職金が支払われることが何よりも大切なのだろう。

 さて、そんなダレたマンション業界もこの秋以降は猛烈なアゲインストの風にさらされそうだ。その風を吹かすのは、他ならぬ消費税の増税だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン