• TOP
  • 特集
  • 村上麗奈、白石ひとみ、森下くるみ… 伝説女優たちは今

特集

2019.08.18 15:59  週刊ポスト

村上麗奈、白石ひとみ、森下くるみ… 伝説女優たちは今

伝説の女優はいま、どこで何を?

 AVが誕生してから40年弱の間で誕生したAV女優は20万人以上とも言われている。そうした有名女優のその後は、どのようなものだったのだろうか。数多くのAV女優にインタビューしてきたライターの沢木毅彦氏が、女優たちの行方をたどる。

 * * *
 沙羅樹は妖艶な美少女として1986年にデビュー。引退、復帰を繰り返すが、ダイヤモンド映像で村西とおる監督と組んだ作品群が代表作となった。八王子の熟女クラブ「美・艶女ディーヴァ」に在籍していた時期もあり、50歳を過ぎた現在、モデル業も継続。フェイスブックで近況を発信している。

 結婚を機に引退する女優は多い。1988年にデビューした村上麗奈は、美貌と過激な濡れ場で注目を集め、ブルネイの皇太子との夜の接待を告白したことでお茶の間にもその名を広めた。その後、ストリッパーを経て、自身のファンと結婚して引退した。

 村西とおる監督のダイヤモンド映像から1989年に専属デビューした野坂なつみは、アイドルっぽい美貌でいて、濡れ場の際にもトレードマークの眼鏡を外さないのが売り。引退後は元アイドルでギタリストの野村義男と結婚し、2児の母となった。

 美巨乳と野性的な風貌でスターになった庄司みゆきは、1989年にデビューし、引退後はミュージシャンと結婚して居酒屋の女将となって話題になるが、現在は閉店したようだ。

◆脚本家、コラムニスト、芸能人

関連記事

トピックス