• TOP
  • コラム
  • ギフト:家系ラーメンのプロデュースなど独自ビジネスで成長する企業

コラム

2019.08.19 20:00  マネーポストWEB

ギフト:家系ラーメンのプロデュースなど独自ビジネスで成長する企業

ギフト(9279):市場平均予想(単位:百万円)

◆企業概要

 マイルドな豚骨醤油ベースの横浜家系ラーメン「町田商店」を主力に店舗展開する企業です。直営店を運営するほか、新規開業を予定するオーナーを対象としたプロデュース店舗事業を展開しています。

 店舗立ち上げのノウハウなどを提供する代わりに、開業後は、自社PB商品を継続購入してもらうという独自のビジネスモデルを確立しています。

 今のところは直営店事業が売上高の7割を占めていますが、プロデュース店舗事業は、店舗オーナーの開店時の負担が小さくなることから店舗網を拡大させる効果が高く、また店舗拡大によるスケールメリットから採算性が向上するという好循環を生み出す事業として同社の成長エンジンとなりつつあります。

 2019年4月末時点で展開するのは、直営店77店(業務委託店5店と海外2店を含む)と、プロデュース店358店の計435店舗(前期末比20店舗増)となっています。

◆注目ポイント

 足元の業績は好調。出店数は計画を上回るペースで増えており、単価上昇やオペレーション向上などの効果によって売上利益ともに想定を超えてきています。にもかかわらず、同社では直営店事業部門における既存店売上高計画について前期比1.1%減を前提としていることから、通期業績予想を据え置いています。

 ですが、7月までの累計売上高を見ると+2.8%と好調に推移しています。出店についても17店舗計画のうち、すでに13店舗を出店済みであり、据え置きとなった計画は保守的に見えます。

 さらに、7月に買収した子会社2社の業績への影響は精査中とのことで、トップラインの拡大とその利益貢献度が注目されるところです。

【PROFILE】戸松信博(とまつ・のぶひろ):1973年生まれ。グローバルリンクアドバイザーズ代表。鋭い市場分析と自ら現地訪問を頻繁に繰り返す銘柄分析スタイルが口コミで広がり、メルマガ購読者数は3万人以上に達する。最新の注目銘柄、相場見通しはメルマガ「日本株通信」にて配信中。

関連記事

トピックス