ライフ

江戸時代の医学書が伝える口内ケアと便秘対策と薬の飲み方

香月牛山の肖像画。「与えられた天寿を全うするためには、何よりも健康でいることが大切」としてその方法を説いて回った

『老人必用養草(やしないぐさ)』という医学書に注目が集まっている。この書物が書かれたのはなんと江戸時代中期。伝説的名医である香月牛山(1656-1740)が書いたものだ。

 ここには、現代にも通用する健康で長生きするためのヒントが多く詰まっている。みずからも85才という長寿を全うした牛山の知恵から健康に生きる術を紐解こう。本の中には、オーラルケアに関する言及もある。

◆歯磨きは頻繁にやりすぎない

《老人は物むづかしくなるによりて、おほくは口中、歯などをすり磨く事なき故に、かへりて歯に熱を生じ、湿をたくはへて、虫を生じ、腐落る類多し。心を用て歯をしていたまぬほどにすり琢(みが)きて、食後に温茶にて口漱(そそぎ)て熱を去べし》(以下、《》内は『老人必用養草』からの抜粋)

 年を取ると面倒になって歯磨きをしなくなって虫歯になったり、歯が抜ける人が多いという内容だが、その当時「歯ブラシ」として使われていた楊枝や、「磨き砂」の使用方法を詳細に述べているほか、夏は水、冬はお湯を使っての舌磨きも推奨している。訪問診療を実践し、高齢者の健康に詳しい新田クリニック院長の新田國夫さんはこう言う。

「歯磨きは頻繁にやりすぎるとかえって歯茎を痛めます。特に高齢になると歯と歯肉の間があいてきて、そこを強く刺激すると菌が入りやすくなるのです。現代人がやるなら砂ではなく、塩で磨くのがいいでしょうね」

 舌磨きも口腔内の清潔を保つのに重要で、市販の舌磨きを使い、やさしくやるならば毎日してもいいと新田さんは言い添える。

◆60才以上は薬の飲みすぎ注意

「六味地黄丸」などの漢方薬を常備しておくべき薬として挙げながらも、まさに現代に問題となっている「多剤併用」の弊害を示唆するような記述も見受けられる。

《人、初老の時より陰気をのづからなかばすとあれば、陰を補ふくすりを用べきなり。六味地黄丸、八味地黄丸を用て其益多し。初老より中年まで用て、六十巳後は用る事なかれ》

 40才頃から陰気が減少していくので、それを補うために漢方薬を使うべきだが、60才以上になったら使うべきではないというわけだ。その理由として「枯れる直前の植物に水をやっても元気にはならず、早く腐ってしまう」と牛山は説明している。

 また、私たちもよく使う「風邪薬」についても、《老人に風薬・食滞の薬を用て、その邪を去るに、十分に邪を逐去べからず》薬で100%治そうとせず、6~7割ほどにしておくことと記述している。帯津三敬病院名誉院長の帯津良一さんはこう続ける。

「たしかに風邪をひくと薬に頼りたくなるものですが、できるだけ自然治癒力に任せた方がいい。この記述は、薬を使うのは治療のきっかけまでにしなさいと言っているのでしょう」

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン