• TOP
  • 芸能
  • 「代理出産」から16年、高田延彦&向井亜紀の双子の子が米へ

芸能

2019.08.29 11:00  女性セブン

「代理出産」から16年、高田延彦&向井亜紀の双子の子が米へ

「留学は本人たちが行きたいと希望したんです。中学2年生の時にサマースクール(夏休み期間だけの特別な短期留学プログラム)に行ったんですがそれから(アメリカへ)行きたくなったみたいで、卒業前の中学3年生の途中から2人一緒に学校に入学しました。去年は9年生(日本でいう高校1年生)なので入学式に出席しましたが、今年は10年生なので行きませんでした。

 それで1年が経ち、2人があまりに仲よしでつい日本語で話をしてしまうので、1年間は別々の学校に通ってみてはどうかと。結太はそのまま学校に残って、万里は違う学校に行ってみたんです」(向井・以下同)

 一方で、今春、日本で通っていた中学校の卒業式にはそろって出席した。

「3年生の1学期まで在籍して、区の方針なのか“学校に籍を置いたまま行っていいです”“卒業式も出てください”と言っていただきました。卒業アルバムにも載せてくださいました」

 大学も海外が考えられる。悩み抜いた末に国籍の選択もアメリカになるのだろうか。

「本人たちは今はすごい楽しいけれど、大学は日本に行きたいって言っています。ただ、これからだとは思うんです。進学のことは正直わかりませんし、いつ戻ってくるかわからないです。留学も本人たちが決めましたし、進学、国籍の選択も本人たちに任せようと思っています」

 双子の代理母であるシンディさんとは、今も連絡を取り合っているという。

「会っていますし、(高校の)卒業式には来てくれると言っています。向こうの卒業式は、みんなで踊ったり帽子を投げたり、派手みたいなので、そこに来てもらう予定です」

 手塩にかけて育てた息子たちが、遠く離れたところで暮らしているが、向井は寂しいそぶりを見せなかった。

「LINEとかで頻繁に連絡を取り合っていますので。“おいしいご飯が食べたい”“やわらかいお肉が食べたい”とか(笑い)。手を離れていくのは、これからだと思います」

 前出の校長は、万里くんの成長に期待を寄せる。

「地元の学生と出会って、英語の理解が深まり、学校で成功することを期待しています。すべては生徒と自分が選んだ友達次第です。すばらしい仲間を見つけて、学校社会の一員として楽しんでほしい」

 親離れ、子離れの時期が近づいていた。

※女性セブン2019年9月12日号

関連記事

トピックス