• TOP
  • ライフ
  • 果糖ブドウ糖液糖、人工甘味料… 健康への害はどんなもの?

ライフ

2019.09.21 07:00  女性セブン

果糖ブドウ糖液糖、人工甘味料… 健康への害はどんなもの?

今や、パンを選ぶ時はトランス脂肪酸より飽和脂肪酸に注意(イラスト/飛鳥幸子)

 しばしばその安全性に疑問を持たれることがある「食品添加物」。添加物はできるだけ摂取しないほうが、健康にいいと思っている人も多いだろう。しかし、健康に悪影響を及ぼすのは添加物だけではない。原材料そのものにも健康を脅かす恐れがあるというのだ。

◆「果糖ブドウ糖液糖」で血糖値が急上昇

 清涼飲料水や菓子を筆頭に、甘みを加えるために幅広い食品に使われている「果糖ブドウ糖液糖」。「異性化糖」の一種で、果糖の割合によって「ブドウ糖果糖液糖」とも記される。「ブドウ糖」という言葉から、砂糖より体に優しいイメージを持つ人もいるかもしれないが、それは大間違いだ。

 果糖ブドウ糖液糖は、トウモロコシなどの天然素材からでんぷんを人工的に抽出しており、砂糖と比べて血糖値を急上昇させやすいという特徴がある。摂取量によっては糖尿病などの生活習慣病を引き起こしたり、心臓病のリスクを高めるという研究報告もある。食品ジャーナリストの郡司和夫さんはこう話す。

「さらに心配なのは、果糖ブドウ糖液糖が含まれている商品には、添加物が複数含まれているケースが少なくないということ。原材料表示に果糖ブドウ糖液糖を見つけたら、その商品は避けた方がいい」

 購入していいかを考えるべき加工食品の指標ともいえそうだ。

◆カロリーオフの「人工甘味料」で肥満になる

関連記事

トピックス