ライフ

トンカツの新潮流 「ロゼ色肉」から「銘柄豚食べ比べ」へ

『成蔵』のトンカツは「ロゼ色」に輝く(撮影/中庭愉生)

 今やすっかり日本食として定着しているとんかつだが、近年、大きな変化が起きているという。フードライターの松浦達也氏が現状を解説する。

 * * *
 とんかつは、明治時代に創業の洋食の老舗店である銀座の「煉瓦亭」や上野の「ぽん多本家」が出したカツレツが元祖と言われています。

 当時は政財界の人向けの高級食。大正時代後期以降に大衆化が図られるも、戦後高度成長期までは庶民が気安く外食する気風はありませんでした。

 とんかつ事情が大きく変わったのはここ10年ほど。高田馬場に開店した「成蔵(なりくら)」(現在は南阿佐ヶ谷に移転)が分厚い肉で中はロゼ色というとんかつを出して以降、肉や揚げ方にこだわった専門店が次々に登場します。

 一方、チェーン店はリーズナブルなとんかつに乗り出し、現在は高級路線とお手頃路線の二極化が進んでいます。高級路線では、高田馬場の「とんかつ ひなた」や銀座の「銀座かつかみ」のような部位食べ比べを提供する店が増えてきています。

 最新事情で言うと、銘柄豚の食べ比べが人気になりつつあります。すでに前出の「成蔵」などでは数種の銘柄豚のとんかつを友人同士で取りわける光景が見られるようになりました。

 とんかつが多様化し、食文化としても完全に定着した今、これからの進化も楽しみです。

『銀座かつかみ』の「夜のBコース」では希少部位のナカシン(右)が味わえることも(撮影/岩本朗)

※週刊ポスト2019年10月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン