• TOP
  • ライフ
  • 糖質カット炊飯器も登場 生活習慣病予防グッズ【1万円以上編】

ライフ

2019.09.28 07:00  週刊ポスト

糖質カット炊飯器も登場 生活習慣病予防グッズ【1万円以上編】

白米の糖質を約20%カット

 生活習慣病を予防するにはライフスタイルの改善が大切だが、長続きせずに困っている人も多いのではないか。だが、今では生活習慣を変えるサポートをしてくれるアイテムが多数登場している。ここでは、1万円以上の「ちょっと贅沢な」グッズを5点紹介しよう。

●糖質カット炊飯・万能調理器 アップルポット RM-82A(1万2800円=想定売価、ダイアモンドヘッド)

糖質をカットしての炊き上げもバッチリ

 一般的な炊飯器と同じように米を炊くだけで、糖質を約20%減らせる「糖質カット炊飯モード」を搭載している。

●スイングマシーンゆらゆら(1万2800円=メーカー希望小売価格、マリン商事)

寝ながら足腰サポート

 1日15分を目安に、仰向けになって足を乗せると、ゆらゆらと動いて下半身の筋肉収縮を促してくれる。累計販売台数6万台。

●ノンフライ熱風オーブン シルバー FVX-D3B-S(1万800円=実勢価格、アイリスオーヤマ)

脂質を最大89%カット

 油を使わずに揚げ物が調理できるオーブン。高速熱風で余分な油を飛ばし、脂質とカロリーをカットする。オーブン・トースター機能も搭載されている。

●血液ニゴリチェッカー CaLighD(1万9800円=メーカー予定価格・2020年1月発売、メディカルフォトニクス)

採血なしで血液の「濁り具合」を測定

 前腕に当てると血液の濁り度(脂肪分でどれだけ血液が濁っているか)を測定できる。濁り度が高くなると動脈硬化の原因に。食事の前後などの変動を記録すると良いという。

●体組成計インナースキャン BC-210(1万2800円=直販価格、タニタ)

足腰の「アクティブ度」をチェック

 足腰の丈夫さを表わす「アクティブ度」のほか、体脂肪率や、内臓脂肪レベル、筋肉量、推定骨量などを表示し、体をくまなくチェックできる。

*価格はすべて税別

※週刊ポスト2019年 10月4日号

関連記事

トピックス