• TOP
  • コラム
  • 完全中高一貫校増加中!高校で募集停止が進む背景

コラム

2019.10.10 12:00  たまGoo!

完全中高一貫校増加中!高校で募集停止が進む背景

完全中高一貫校増加中!高校で募集停止が進む背景

首都圏の中高一貫校で、高校募集を停止する学校が増えています。これまでは、高校入試で何名かの生徒をとっていた学校が、高校からの新入学者をまったくとらない完全中高一貫校になります。こうした傾向は、なぜ起きているのか?子どもたちにどのような影響があるのか?くわしく解説します。(2019年10月現在)
 

完全中高一貫校が増加傾向

中高一貫校では、中学入試で生徒数の大半を確保し、高校入試で若干名の補充をするというケースが一般的でした。ところがここ数年、生徒の高校募集を停止する学校が相次いでいます。併設型の中高一貫校が高校入試を停止することで、中等教育学校と同じ、完全中高一貫校が増加しているのです。

高校募集を停止する中高一貫校

21年度入試から、高校募集を停止すると発表して話題になったのは、東京都豊島区にある本郷高校です。本郷中学・高校は、文武両道で有名な人気の進学校。高校からの入学を考えていた家庭ではショックも大きいでしょう。20年度の高校入試を停止した成城高校をはじめ、高校募集停止の流れは今後変わることなく、多くの中高一貫校が順次高校募集を停止していくようです。この傾向は私立のみではなく、公立の中高一貫校についても同様です。

【募集停止する公立の中高一貫校】

【2021年度】
東京都立富士高等学校附属中学校(中野区)
東京都立武蔵高等学校附属中学校(武蔵野市)

【2022年度】
東京都立両国高等学校附属中学校(墨田区)
東京都立大泉高等学校附属中学校(練馬区)

私立女子校は高校からの入学が困難

同じく東京豊島区池袋にある豊島岡女子学院は、22年度からの高校募集を停止する予定です。首都圏の中高一貫女子校は、高校からの募集がない学校が多く、さらに高校募集停止の学校が増えることになりました。豊岡女子学院は偏差値65以上の進学校で、いわゆる難関といわれています。同レベルの高校は、慶應義塾女子高校のみですので、高校から私立の難関校に進学したいという希望を持った女子にとっては選択肢がほぼないという状況になっています。

高校募集停止が進む背景

中高一貫校の高校募集停止が進む背景には、いくつかの理由があります。中でも少子化の影響は大きく、私立校にとって高校募集停止措置は、生き残りをかけた経営戦略のひとつです。

少子化を見据えたブランディングの強化

これからの日本社会は少子化が進み、高校の生徒獲得競争はいっそう激しいものになることが予測されます。生徒や保護者に選ばれる学校になるためには、学校のブランド力を高めていかなくてはなりません。学校のブランド力になるのは、大学進学率や、特色のある教育カリキュラム、魅力的な校風などがあげられますが、やはり注目されるのは大学合格率です。中高一貫校は、大学受験を見据えた先取り教育を行い、6年間のカリキュラムを組んでいます。高校入学組には、中学入学組に追いつくための補講や特別授業が用意されます。この労力を省くための処置が、高校募集停止です。編入した少数の高校入学組にさくリソースを、従来の中高一貫教育のために使い、さらに効率よく効果的な学習を提供するのが目的です。

高校入試組の生の声

一方で、実際に高校入学組の生徒の声を聞くと、意外な現実が見えてきます。高校編入組は、いわば転校生のようなもの。ほとんどの生徒が顔見知りでコミュニティができあがっているところになじんでいくには、時間がかかります。また、学業の面でも遅れがあることは明白で、マイナスからのスタートを余儀なくされるわけです。そのため、勉強の場でも、クラスでも、部活動でも、一歩出遅れた感のある高校生活を楽しめないという声があります。そのため、有名大学の附属高校など、大学進学が可能な特別な高校以外は、高校入学の人気がなくなってきています。こうした現状を受けて、高校募集停止を決めた学校も少なくないようです。

高校募集停止がもたらす影響

中高一貫校には、もともと高校募集を行わない「中等教育学校」と、高校募集も行うことができる「併設型」、そもそも独立した中高が協力する「提携型」があります。このまま「併設型」の高校募集停止が進み、完全中高一貫校が多くなると、教育を受ける子どもたちにも大きな影響が出てきます。

経済格差が学歴格差につながる

中学校は義務教育ですので、授業料は無料です。公立の中高一貫校に進学する場合は、通常の公立中学校の場合と変わりません。しかし、私立の中高一貫校では中学から授業料が必要になります。完全中高一貫校が多くなると、高校から進学できる私立校が減ることになります。希望する高校が募集を停止した場合は、中学校から入学するしか方法がありません。3年間の授業料や施設費、寄付金などの負担は、無視できない金額です。経済的に中学からの進学が難しい家庭では、進路の選択肢が減少し、経済格差が学歴格差につながる傾向に拍車がかかるでしょう。

均質集団は閉鎖的な環境になりがち

完全中高一貫校では、6年間、生徒の入れ替わりがありません。私立校では教員の移動もなく、変化の乏しい環境になります。同じ学校を目指して入学してきた生徒は、家庭環境も似通っている場合が多く、均質化した集団になりがちです。閉鎖的な環境では、一度確立された人間関係は簡単に変化しません。こうした環境ではいじめが起こる可能性も高く心配です。

おわりに

学校が高校募集を停止し、完全中高一貫校化を推し進める背景には、少子化を前にした経営上の戦略と、現実の生徒離れがあります。こうした状況が進めば、中学受験がより難しくなることも想定されます。高校からの編入ができなくなると、子どもたちにより早期の進路選択を強いることになりかねません。中高一貫校への進学を考えているご家庭は、はやめに情報を集めるとともに、受験の意味を親子で考えてみてください。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

関連記事

トピックス