ライフ

堀ちえみ、池江璃花子も参拝した、全国「がん封じ」寺・神社

堀ちえみも参拝したという(撮影/高柳茂)

「おばあちゃんのがんが治りますように」「お陰様で胃がんが治りました」「健やかな日々が送れますように」──願掛け絵馬に綴られた数々の願い。がんを患った大切な人のため、自分のため、多くの人々がご利益をいただくべく、「がん封じ神社」を訪れている。

 今年2月にステージ4の舌がんが発覚して舌の6割以上を切除し、4月には食道がんの手術を受けた堀ちえみ(52才)。10月20日、自身初の著書『Stage For~舌がん「ステージ4」から希望のステージへ』(扶桑社)の発売記念サイン会を開き、元気な姿を見せた。

 順調な回復をみせる堀が頼ったのが、「がん封じ神社」だ。4月7日のブログにこう綴っていた。

《今日は午後から癌封じのお参りに、烏森神社に行って来ました。新橋駅の近くに烏森神社はあります。こんな都会の真ん中に、癌封じに御利益のある神社があるなんて、驚きました》

 烏森神社は平安時代(940年)の創建で、江戸の大半を焼いた明暦の大火でも類焼を免れたことで、厚い信仰を集めてきた。

「もともと稲荷神社なので主なご利益は商売繁盛や必勝祈願などですが、大火を免れたことから、“封じる力”が強いといわれてきました。がんの症状が改善する参拝者が多かったことから、口コミで広まったようです」(烏森神社宮司の山田邦夫さん)

「腫瘍が消えた」など、お礼参りに訪れる人も多いとか。

「白血病で闘病中の池江璃花子選手(19才)も、参拝に出向いたことがあるようです。先月のインカレには、在学する日大水泳部の応援に元気な姿で3日間も出席できた。彼女の笑顔を見た部員は、みな安心していました。参拝のご利益があったのかもしれませんね」(日大関係者)

「がん封じ」のご利益がある寺や神社は、全国各地にある。

 宮城県仙台市の大満寺では、ここ15年ほどでがん封じの祈願に訪れる人が急増しているという。

がん封じの寺や神社は関東や東北にも多い

中部や関西のがん封じ寺や神社とは

中国・四国・沖縄にもある

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン