• TOP
  • 芸能
  • プロデューサーが語る山口百恵「生き方含めすべてが魅力的」

芸能

2019.10.29 07:00  女性セブン

プロデューサーが語る山口百恵「生き方含めすべてが魅力的」

芸能界入りした1973年のワンカット。まだ山口は中学生。桜田淳子(61)との修学旅行がテーマの企画で

 1980年の自叙伝『蒼い時』以来、39年ぶりとなった三浦百恵さん(60才)の著書であるキルト作品集『時間(とき)の花束 Bouquet du temps』は20万部を突破。出版記念特別展キルト展には大勢のファンが詰めかけた。

“時代が山口百恵を必要としていた”──アイドル当時、“時代と寝た女”と称されるほど人気絶頂だった彼女は、1979年に俳優・三浦友和(67)との婚約を発表し、1980年に引退。

 それから表舞台に立つことがないまま約40年経っているにも関わらず、今なお我々を魅了し続けている。その理由とは一体何だろうか?

1975年、映画『初恋時代』で花の中三トリオ(写真右から、山口、森昌子、桜田)の3人が共演した時のスリーショット

1978年の歌番組(テレビ朝日)に出演した際の歌唱シーン。この年の『第29回紅白歌合戦』で紅組のトリを務めた

 1973年のデビューから1980年の引退まで、歌姫・山口百恵をプロデュースしてきた、音楽プロデューサーの酒井政利さんが語る。

「例えば初期の作品ですと『冬の色』などでは純白な世界を、後半の成長してからの作品『プレイバックPart2』などでは熟した女性を表現しています。譜面通りにただ歌うのではなく、16、17才の少女が自分で解釈して気持ちを投入、すばらしい表現力でした。

 穏やかさの中に表情が豊かでしたから、直接会って話した後などでは“あれ、随分話したつもりだったのに、大して話をしてなかったな”って不思議な気持ちになることも多かったですね。

 彼女はどんな場に立っても、創意工夫を凝らして生きている。今の日常生活の中で、三浦百惠さんとして表現できたのがキルトだったのでしょう。女優、歌手としての偉業はもちろん、生き方を含めてすべてが魅力的なのだと思います」

 令和の今もその煌めきは健在だ。

撮影/女性セブン写真部

※女性セブン2019年11月7・14日号

1979年、ふたりでスペインを訪れた時の記念写真。ほほえみながら寄り添い、幸いいっぱいのご様子

1984年、長男・祐太朗(35)を出産した時のスリーショット。翌年には、次男・貴大(33)が生まれ、2人の子宝にも恵まれた

国民が涙した1980年の引退コンサート。去り際のマイクを置く演出は皆が驚き、彼女は“伝説”となった

関連記事

トピックス