ビジネス

U・ボルトも出資する電動キックボード 日本で普及するか

パリの街中にある電動キックボード。スマホアプリ経由で借りる。

パリの街中にある電動キックボード。スマホアプリ経由で借りる。

 11月4日まで開催されている「第46回東京モーターショー2019」(東京ビッグサイト)で注目されている展示のひとつが、広く分散する会場と会場を結ぶエリアにあるマイクロモビリティの数々だ。なかでも、モーターを内蔵して自走する電動キックボードは、ドラマ『グランメゾン東京』初回で木村拓哉が乗ってパリ市内を走っていたことでも話題を集めている。ジャーナリストの西田宗千佳氏が、ビジネスとしても注目を集めるマイクロモビリティの現状と課題、日本での可能性について解説する。

 * * *
「マイクロモビリティ」という概念がある。

 自転車や電動キックボードなど、簡易な移動手段を指す言葉だ。これらをネットワークシステムと組み合わせることで、新しいビジネスが生まれている。日本では難題もあり、まだスタートできていないものだが、他国では日常の足として定着した上で、新しい問題も引き起こしている。完全に一週遅れだ。

 では、そのマイクロモビリティとはなにか? マイクロモビリティの登場で我々の生活はどうなるのかを解説してみたい。

◆スマホの登場で生まれた「マイクロモビリティ」

 自転車は便利な乗り物だ。だが、駐輪場所は常に問題になるし、自宅から乗って行ける場所以外では使いづらい。そこで生まれたのが「サイクルシェアリング」である。

 過去のサイクルシェアリングといえば、観光地などで周遊目的に提供される「レンタルサイクル」に近いものだったが、現在のサイクルシェアリングは少し違う。自転車にGPSと連携する機器を付け、乗った距離を把握できるようにした上で、利用した分だけ支払う形のビジネスにしたものだ。日本でも、NTTドコモが各地方自治体と連携してサービスを展開している他、いくつかの事業者がいる。

 サイクルシェアリングのようなものは、駅と駅の間のちょっとした距離を埋めるのに有利だ。そこで生まれたのが「マイクロモビリティ」という呼び方だ。自分の持ち物ではなく、料金を支払って使う以上、性質的には公共交通機関に近い。だが、電車やバスに比べると規模も距離も小さい。間を埋める小さな存在だからマイクロ……という発想だ。

 こうした考え方は、スマートフォンの登場とともに海外で生まれた。

 従来のレンタルサイクルは、特定の場所で借りて、その場所へと戻すものだった。レンタル料金を支払う方法も、借りていた時間や乗った距離を算出する方法もなかったので、「数時間周囲を周回する」ためにしか使えなかったのだ。

 だが、スマートフォンの登場はこの常識を変えた。スマホのGPSによって近くで自転車を借りられる場所を見つけやすくなるし、降りた場所を把握し、距離や時間に応じて課金しやすくなる。スマホになって「アプリ」が登場したこと、スマホの量産によってGPSなどの部品が安価になり、組み込むのが難しくなくなったことで状況が変化した。電動自転車ならば、GPSなどが使う電力も問題にならない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン