芸能

高倉健さん養女の告白本に遺族困惑、遺骨の行方は明かされず

「養女」の告白本は書店を賑わせている(時事通信フォト)

《五年前に亡くなった高倉健が“最後に愛した女性”小田貴月さんによる初の手記です》。晩年の高倉健さんと最も多くの時間を過ごしたとされる女性による「告白本」。「養女」となって、健さんの全財産を手にした彼女が書いた「真実」とは──。

「遺族に本が出版されることを伝えると“今さら何を書くんですか”と驚いていました。健さんが亡くなってからもう5年ですが、養女とは今なお音信不通が続いているそうです」(この問題の取材を続けるノンフィクション作家の森功さん)

──書店を賑わせている一冊の書籍がある。タイトルは『高倉健、その愛。』(文藝春秋)。10月30日の発売以降、異例の連日重版という売れ行きを記録している。

 著者の小田貴月(たか)さん(55才)は、高倉健さん(享年83)の33才年下の養女(今回の出版を機に小田貴から小田貴月に改名)だ。

 2014年11月10日に健さんが悪性リンパ腫で死去した後、小田さんは突如、健さんの養女として登場して世間を驚かせた。そんな彼女が17年に及ぶ健さんとの私生活を綴った同書には、知られざるカリスマ俳優の素顔があふれている。

「出会った直後から健さんは小田さんに思いを寄せ、交際前なのに彼女のイラン旅行を心配した健さんが何度も現地に電話やファクスをして、『こんなに心配しているのに、どうして連絡できないんですか!』と声を荒らげるシーンなど、ふたりのなれ初めが赤裸々に語られています。交際を始める際に健さんが『普段はほっとしていたいから、化粧をしないでください』とリクエストしたことも明かされました」(テレビ局関係者)

 芸能界きってのダンディーで寡黙な男性として知られた健さんだが、同書には、帰宅後に「今日はぺコリン! 何食えるの?」とおどけて食事を待ち望んだり、自宅ソファに横たわってもの凄い顔で息を止め、「死んだふり」をして小田さんを驚かせるといった、お茶目な一面も描かれている。

「著書発売に合わせて小田さんはスポーツ新聞やテレビのワイドショー番組のインタビューに答えています。顔は伏せられていたものの、着物姿に茶髪のショートカットという後ろ姿からは妖艶さも漂わせた。これまで彼女の素性はほとんどわからず、健さんとの生活も謎だったため、この本はそれを解明する一助となるとみられています」(芸能関係者)

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
「JAPAN PODCAST AWARDS」で表彰される上出遼平氏(『ニッポン放送TV』の公式YouTubeチャンネルより)
元テレ東・大橋未歩アナの夫・上出遼平Pが退職へ「テレビはジリ貧」 敏腕テレビマン続々流出の背景
NEWSポストセブン
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二がYouTube開設「何で稼いでいるんだ」優雅なNY生活インスタに込めた真意語る
NEWSポストセブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン